1972 Stroppe Bronco “501” レストアプロジェクト

2024.04.18

ペイントを終えた、1972 Stroppe Bronco “501” 号のウィンドシールドフレーム廻り、乾燥させた後、マスキングの剥し作業を行いました。

ウィンドシールドフレーム折り返しの部分は一度でペイントをすることが難しい箇所ですので、この後、リペイント作業を行います。

裏側も併せてペイント作業を行います。

ウィンドシールドフレームマウント部分の、

ポッピーレッドウィンブルドンホワイト塗り分け部分の補修作業も行います。

そしてフロントドアピラーポスト上部の、こちらもポッピーレッドとウィンブルドンホワイト塗り分け部分も、オリジナルの写真を参考に補修していきます。こちらはドライバーサイドです。

そしてこちらはパッセンジャーサイドです。


こちらはオリジナルペイントの個体の同部分の写真です。こういった資料を参考にしながらオリジナルに忠実な仕上がりを目指していきます。

引き続き、1972 Stroppe Bronco “501” 号のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合は、お手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆4月19日の展示車両☆

1978 Ford Bronco Ranger XLT
ぜひお越しください♬♪

2024.04.15

ペイントを終え、乾燥を待ってマスキングが剥された1972 Stroppe Bronco “501” 号のドアパネルです。

更に磨きをかけていきます。

ウィンドウフレーム部分や内側部分の仕上げの磨き作業を行っていきます。

艶やかに仕上がったパッセンジャーサイドのドアフレームです。ドライバーサイドドアも同様の作業を行います。

引き続き、1972 Stroppe Bronco “501” 号のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合は、お手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆4月16日の展示車両☆

1975 Bronco Ranger
1978 Ford Bronco Ranger XLT
ぜひお越しください♬♪

2024.04.11

プレスラインから上部とドアウィンドウフレームがウィンブルドンホワイトへとペイントされた、1972 Stroppe Bronco “501” 号のドアパネルです。

ポッピーレッドとウィンブルドンホワイトの塗分けライン、とても綺麗にペイントされています。

続いて、アッパークウォーターパネルのショルダー部分がウィンブルドンホワイトにペイントされました。こちらはパッセンジャーサイドです。

リアドアピラーポスト部分、

テールライトハウジングにかけても綺麗にペイントされました。

そしてこちらはドライバーサイドです。

こちら側も丁寧、綺麗にペイントされています。

引き続き、1972 Stroppe Bronco “501” 号のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合は、お手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆4月12日の展示車両☆

1975 Bronco Ranger
1978 Ford Bronco Ranger XLT
ぜひお越しください♬♪

2024.04.08

ポッピーレッドへのペイント作業を終えた、1972 Stroppe Bronco “501” 号のドアパネルですが、続いてプレスラインから上部とドアウィンドウフレームがウィンブルドンホワイトへとペイントされました。こちらはパッセンジャーサイドドアです。

ドアウィンドウフレームもしっかり、丁寧にペイントされています。

こういった細いパーツのペイントは時間をかけてゆっくり丁寧にペイントする必要があります。今回はとても綺麗にペイント出来たと思います。

ドアを開けた際にドアとフレームの内側は見える部分となりますので、エクステリア同様、丁寧な作業が行われました。

そしてこちらはドライバーサイドドアです。

こちらもパッセンジャーサイド同様、丁寧な作業により綺麗に仕上げられました。

ドアウィンドウフレームのペイントも液溜り等は一切なく、文句なしの仕上がりです。

一見、何でもないように思えるブロンコのウィンブルドンホワイトですが、PPGのペイントをそのまま塗るとオリジナルのホワイトよりもかなりクリーム色に近い色になってしまいます。今回もオリジナルのペイントサンプルを参考にしながら時間をかけて調合しました。

手間をかけた甲斐あって、納得のいくウィンブルドンホワイトにペイント出来たと思います。

引き続き、1972 Stroppe Bronco “501” 号のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合は、お手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆4月9日の展示車両☆

1975 Bronco Ranger
1978 Ford Bronco Ranger XLT
ぜひお越しください♬♪

2024.04.01

ペイント作業が進められていた、1972 Stroppe Bronco “501” 号のフェンダーパネル、ドライバーサイドです。

そしてこちらはパッセンジャーサイドです。十分に乾燥させた後、裏側のペイントを行いました。

こちらはパッセンジャーサイドのパネル内側です。

そしてこちらはドライバーサイド内側です。

まずまずのクオリティできれいにペイントされています。

基本的にはインナーフェンダーエプロンとキックパネルに覆いかぶさる形になるため、覗き込まない限りフェンダーパネルの内側は見えない部分となります。

しかし、防錆対策も含めて妥協することなく今回はある程度のクオリティで内側もペイントしました。

こういった積み重ねがレストア全体のクオリティアップに繋がります。

引き続き、1972 Stroppe Bronco “501” 号のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合は、お手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆4月2日の展示車両☆

1975 Bronco Ranger
1978 Ford Bronco Ranger XLT
ぜひお越しください♬♪

2024.03.28

ペイント作業が進められていた、1972 Stroppe Bronco “501” 号のドアパネル、表側に続いて内側のペイント作業が行われました。こちらはペイント前です。

そしてこちらはペイント後、ドライバーサイドです。

こちらはパッセンジャーサイドです。綺麗にペイントされました。

ドア端部も綺麗にペイントされました。こちらはドライバーサイドです。

こちらはパッセンジャーサイドです。この部分はドアを開閉した際に意外と目立つ部分となりますので丁寧な作業をにより、綺麗な仕上がりを目指しました。狙い通りのクオリティ仕上げることが出来ました。

こちらはドア下部分です。こちらは普段、見える個所ではありませんが綺麗に仕上げました。こういった細部へのこだわりがレストア作業のクオリティを底上げすることにつながるのです。

引き続き、1972 Stroppe Bronco “501” 号のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合は、お手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆3月29日の展示車両☆

1975 Bronco Ranger
1978 Ford Bronco Ranger XLT
ぜひお越しください♬♪

2024.03.25

スムージング作業が進められていた、1972 Stroppe Bronco “501” 号のドライバーサイド、フェンダーパネルがポッピーレッドへとペイントされました。

綺麗にペイントされています。

そしてこちらはパッセンジャーサイドのフロントフェンダーパネルです。

こちらも綺麗にペイントされました。

フェンダーパネルと同時にスムージング作業が進められていた、ドアパネルもポッピーレッドへとペイントされました。

こちらはドライバーサイドです。ドアウィンドウフレームはまだペイントされていません。

そしてこちらはパッセンジャーサイドのドアパネルです。

こちらも綺麗にペイントされました。

引き続き、1972 Stroppe Bronco “501” 号のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合は、お手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆3月26日の展示車両☆

1975 Bronco Ranger
1978 Ford Bronco Ranger XLT
ぜひお越しください♬♪

2024.03.14

スムージング作業が進められていた、1972 Stroppe Bronco “501” 号のドライバーサイド、ドアパネルです。更にプライマーが塗布されました。

こちらはパッセンジャーサイドのドアパネルです。こちらも念入りにスムージングされプライマー処理されました。

滑らかな表面を作ることが出来ました。

こちらはフロントフェンダーパネル、ドライバーサイドです。こちらも入念なスムージング作業の後にプライマーが塗布されました。

こちらはパッセンジャーサイドです。

丁寧な仕事により、スムーズな下地を作ることが出来ました。

引き続き、1972 Stroppe Bronco “501” 号のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合は、お手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆3月15日の展示車両☆

1973 Bronco Ranger
1978 Ford Bronco Ranger XLT
ぜひお越しください♬♪

2024.03.04

ポッピーレッドへとペイントされた、1972 Stroppe Bronco “501” 号のボディです。

作業はドアパネルのスムージングへと移行しました。こちらはドライバーサイドのドアパネルです。

ドアウィンドウフレームもこの後、スムージングを施し、古いペイントを剥します。

こちらはパッセンジャーサイドドアです。

スムージングを施し、まずは平らな面を作っていきます。

ドアパネル内側部分も表面をフラットにし、ペイントに備えます。

ドアウィンドウフレームもスムージングの後、プライマーを塗布していきます。

引き続き、1972 Stroppe Bronco “501” 号のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合は、お手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆3月5日の展示車両☆

1973 Bronco Ranger
1978 Ford Bronco Ranger XLT
ぜひお越しください♬♪

2024.02.29

ポッピーレッドへとペイントされた、1972 Stroppe Bronco “501” 号のボディです。

ボディのコアとなるシャシー部分のペイントを終えましたので、他のボディパネルの作業へと移行します。

作業を残しているその他のボディパネルとは、グリルやフード、

フロントフェンダーパネル、

ドアパネル、

テールゲート、

そして一番手間のかかるハードトップです。

まずはドアパネルとフロントフェンダーパネルの作業から進めていきます。

引き続き、1972 Stroppe Bronco “501” 号のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合は、お手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆3月1日の展示車両☆

1973 Bronco Ranger
1978 Ford Bronco Ranger XLT
ぜひお越しください♬♪

12345...