新規車両紹介

2018.02.17
テーマ:新規車両紹介

新しく当店のInventoryに仲間入りした1972 Bronco Sportです。




ご存知の方もいらっしゃると思いますが、当店のメカニックが普段使いの相棒として愛用していた1972 Broncoです。


ボディカラーはオリジナルのTampico YellowのPatina仕様。オリジナルペイントが残っているBroncoはアメリカでも貴重な存在となっています。


エンジンはオリジナルの302cid V8を日本到着後にオーバーホール。3速A/Tとの組み合わせとなります。



インテリアはPrchmentのシートに、カーキのカーペットの組み合わせです。

詳細はBronco RanchのHP内INVENTORYにてご覧いただけます。

1972 Ford Bronco Sport
Engine:302cid V8
Transmission:3AT
Body Color:Tampico Yellow
Interior:Parchment
Price:P.O.A.


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆2月19日の展示車両☆

1968 Ford Bronco Sport “Camper Package”
1975 Ford Bronco Ranger
ぜひお越しください♬♪

2018.01.11
テーマ:新規車両紹介

本日はこの度、テキサス州ビューダにて新たに入手しました新規入庫予定車両をご紹介します。

こちらが今回、入手した1976 Bronco Explorerです。


オースティン近郊の田舎町、ビューダ在住のこの個体のオリジナルオーナーから入手しました。ブロンコの価値は近年、上昇する一方でカリフォルニア州よりも相場が低めなはずのテキサス州でも今回はカリフォルニア並みの価格となりましたが、無事に入手することが出来ました。


エクステリアカラーはこの個体のオリジナルカラーであるウィンブルドンホワイトにタンのエクスプローラーストライプの組み合わせ。


このホワイトのエクスプローラー、今回、初めて見るカラーリングでしたので調べたところ、なんと1976年式として僅か7台のみが生産された激レアカラーだったのです。初めて見る、というのも当然だった訳です。


ペイントの状態を確認しないとオリジナルペイントかどうかは写真では判断できませんが、オリジナルのスタイルを維持していることは間違えありません。



タンのインテリアも記録によるとオリジナル。ウィンブルドンホワイトのエクステリアペイントにタンストライプ、そしてタンのインテリアの組み合わせが7台のみ生産されたということです。’76年式のエクスプローラーは合計で1610台製造されていますので、この7台という数字がいかに少ないか、お分かり頂けると思います。


リアベンチシートもとても綺麗な状態です。窓越しに写るF-100も気になります。オーナーは昔ながらのフォードフリークなのでしょう。


エンジンも汚れは目立ちますが、オリジナルの状態を維持しているようです。

思いがけずに入手した激レアなこちらの個体、せっかくなのでリファインプロジェクトの題材としてご紹介して参りたいと思います。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆1月12日の展示車両☆

1968 Ford Bronco Sport “Camper Package”
1975 Ford Bronco Ranger
ぜひお越しください♬♪

2017.12.08
テーマ:新規車両紹介

本日は新規入庫車両をご紹介いたします。




コチラが新たに当店のINVENTORYに追加となった1968 Ford Bronco Sport “Camper Package”です。当店のデモカーとして様々なイベントへの参加や雑誌掲載などもありましたので、ご覧いただいている方も多いと思います。その都度手を入れながら今回最終形の”Camper Package”として完成いたしました。荷室やルーフラックに道具を満載してキャンプに出掛けたくなるようなBronco…そんなコンセプトで創り上げました。2.5インチのマイルドなリフトアップを施し、ストックの15インチホイールにノーマルサイズよりひと回り程サイズアップしたATタイヤを組み合わせてチョッピリワイルドな出で立ちに仕上げています。


インストルメントパネルはストックスタイルを活かしています。細身大径のステアリングにHalf Moonが良く似合っています。



前後シートはCORBEAUのスポーツタイプを装着。バイナル仕上げです。


フロアはLine-Xでコーティングしてありますので、アウトドアでの汚れなどを気にせずアクティブに使える仕様です。


エンジンは351cid V8を搭載。当店にてオーバーホールを行っています。


組み合わされるミッションは4速M/Tです。トルクフルなV8エンジンを自分の意のままに操りながらドライブを楽しむことができる仕様です。



前後サスペンションです。シールやブッシュ類など消耗品は交換済みでクリーンな下まわりに仕上げています。


Harbor Blueのボディに合わせたのはガンメタのホイールです。ホワイトレターを見せるタイヤの組み付けでオールドスクールな雰囲気を作っています。

ただ今Garage弦巻にて展示中ですので、ぜひ足をお運びください!
詳細はBronco RanchのHP内INVENTORYにてご覧いただけます。

1968 Ford Bronco Sport “Camper Package”
Engine:351cid V8
Transmission:4MT
Body Color:Harbor Blue
Interior:Black(CORBEAU SEAT)
Price:¥7,400,000+TAX(A roof rack is not included.)


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆12月9日の展示車両☆

1968 Ford Bronco Sport “Camper Package”
1975 Ford Bronco Ranger
1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.07.09
テーマ:新規車両紹介

アメリカからの長旅を終えて、無事日本の地に足を付けた1975 Bronco Ranger Wind Blue(WB)号を横浜まで迎えに行ってきました。


ローダー弦巻号に載って横浜を出発し、ガレージを目指すWB号です。


とてもいい感じのボディカラーWind Blueです。オリジナルペイントが残っていますし、レンジャーラインのヤレ具合もなかなかいい感じです。緑、そして青空との相性もバッチリですね、WB号。


無事弦巻へ到着しました。整備に取り掛かるのはもう少し先になりますが、しばらくはガレージにいますのでご興味のある方はぜひご覧になりにいらしてください。


ご納車に向けて整備中のSkyview Blue号と並びました。どちらも可愛らしい雰囲気を放っています。



アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆7月10日の展示車両☆

1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.03.17
テーマ:新規車両紹介

3/14のブログに続き、新規入庫車の1972 GMC K-10をご紹介したいと思います。本日はインテリア&エンジン編。


こちらが新規入庫車の1972 GMC K-10です。


ボディ&シャーシーともにグッドコンディションを保っているK-10、インテリアも美しい仕上がりです。ベンチシートはアメリカンフルサイズピックアップならではの作り。表皮のいたみもなく、深いクッションでソファのようなすわり心地です。アメリカ車といえばベンチシート…と思っている方も多いのではないでしょうか。


この年代ならではの細身大径ステアリング。GMCのオリジナルスタイルです。



メータークラスターやドアトリムなどにもウッドグレインがあしらわれ、洒落た雰囲気のインテリアに仕上がっています。


フロアから生えているシフトレバー&トランスファレバー。このK-10は4速MT仕様ですので、図太いトルクのV8エンジンを自分の意のままに操ることが可能です。


エンジンは350cid V8を搭載。4バレルキャブレターとの組み合わせによりパワフルな加速を楽しませてくれます。4速MTとのマッチングもいい感じです。



こちらは前後サスペンションです。消耗品の交換を含め、当店にて仕上げています。

この年代のGMCは本国でも生存台数が少なく、近年ではとても希少価値の高い存在となってきています。詳細はGarage弦巻のHP内INVENTORYにてご覧いただけます。よろしくお願いいたします!!

ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。


アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆3月18日の展示車両☆


1968 Ford Bronco

1969 Ford Bronco Patina Package

1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.03.14
テーマ:新規車両紹介

新たに入庫しました、魅惑的な1台をご紹介したいと思います。本日はエクステリア編。




こちらが新規入庫車の1972 GMC K-10です。当店で2年前に輸入&販売した個体です。ボディ&シャーシーともにレストアされ、素晴らしいコンディションを保っていた1台。国内のファーストオーナーもガレージ保管で大切に扱われてきたこともあり、当時と変わらないコンディションを保っています。


なんといっても特徴的なのがこのフロントマスクです。GMCブランドのある年代でしか見ることができない丸目4灯のフロントマスク。Chevyよりもマニアックなファンの多いGMCブランドの中でもこのフロントマスクは高い人気を獲得しています。



ボディをグルリと一周するウッドグレインが、ガンメタのボディを洒落た雰囲気に飾っています。


ピックアップボディならではの荷台はLine-Xコーティングされているので、しっかりと荷台として使っていただけます。


ホイールはGM純正ラリーホイール(15x8J)に33×12.5R15サイズのBFG オールテレインタイヤを組み合わせています。

引き続き1972 GMC K-10をご紹介します。


アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆3月15日の展示車両☆


1968 Ford Bronco

1969 Ford Bronco Patina Package

1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.03.06
テーマ:新規車両紹介

本日は先週に引き続き、1975 Bronco Ranger “Wind Blue” リファインプロジェクトをご紹介します。


ノーザンカリフォルニア在住N氏のもとで行われているエンジン及びドライブトレインのリビルト作業ですが、作業は急ピッチで進み、リビルト後のエンジンを再びブロンコに搭載する段取りが整いました。


そしてフードを開けたブロンコに向けてエンジンを降ろしていきます。


無事に所定の位置にエンジンが収まりました。


次に補器類を取り付けるためのオリジナルパーツをサンドブラストでクリーニングしていきます。こちらはキャブレタースペーサーです。


そしてこちらはエキゾーストマニュホールド及びプーリー類、各種ブラケット類です。こちらもそれぞれブラスト処理を行います。

引き続き、1975 Bronco Ranger “Wind Blue” のリファインプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆3月7日の展示車両☆


1968 Ford Bronco

1969 Ford Bronco Patina Package

1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.03.03
テーマ:新規車両紹介

本日は月曜日に引き続き、1975 Bronco Ranger “Wind Blue”のリファインプロジェクトをご紹介します。


ノーザンカリフォルニア在住N氏のもとでエンジン及びドライブトレインのリビルト作業が行われている’75 Rangerですが、エンジンの組み付けが完了し、ペイントを行う一歩手前まで作業が進んでいます。


フリーズプラグも綺麗に打ち替えられています。フリーズプラグはクーラントの凍結時にエンジンを守る機能が与えられていますが、劣化するとこのプラグからクーラント漏れを起こす可能性があり、エンジンリビルト時には必ず交換したいパーツです。


ハーモニックバランサーなどの消耗パーツもすべてNewパーツへと交換されています。


各部のパッキン類もすべてリニューアルされています。


ドライブシャフトもフロント、リア共に一度ばらされリビルトされています。

引き続き、1975 Bronco Ranger “Wind Blue”リファインプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆3月3日の展示車両☆


1968 Ford Bronco

1969 Ford Bronco Patina Package

1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.02.27
テーマ:新規車両紹介

本日は先週に引き続き、1975 Bronco Ranger “Wind Blue” リファインプロジェクトをご紹介します。


今週はエンジン及びトランスミッション、トランスファーケースのリビルト作業をノーザンカリフォルニア在住のN氏に依頼する為、再びブロンコをトレイラーに積み込み、北へと向かいました。


トレイラーは今回もU-Haulでレンタル。とても便利なのですが、当たり外れがかなりあります。今回のトレイラーは少し古めではありますが上々のコンディションでした。


途中、給油しながら北を目指します。


この日は出発が遅れたこともあり、日中の到着は叶わず、ホテルにチェックイン。翌朝にN氏を訪ねることになりました。


ホテルの窓からパチリ。どんなシチュエーションでも絵になるクルマです。


ノーザンカリフォルニアの冬は朝晩寒さが厳しく、気温は東京の冬と変わりません。この日は40℉でした。


そして無事にN氏の工房へと到着しました。今後の仕上がりがとても楽しみな1台です。

引き続き、1975 Bronco Ranger “Wind Blue” リファインプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆2月28日の展示車両☆


1968 Ford Bronco

1969 Ford Bronco Patina Package

1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.02.20
テーマ:新規車両紹介

本日は先週に引き続き、新たにスタートした1975 Bronco Ranger “Wind Blue” リファインプロジェクトをご紹介します。


弊社のカリフォルニア倉庫に到着した1975 Bronco Ranger “Wind Blue” 号です。


改めてエクステリアペイントの状態を確認してみると一部を除いてオリジナルペイントを綺麗に維持していることが確認出来ました。



サイドのレンジャーストライプもとても綺麗な状態です。


劣化しがちなフード上のレンジャーストライプのひび割れはあるもののとても綺麗な状態です。


ドアウィンドウクロームやサイドウィンドウクロームなどのクローム類も輝きを失っておらず、上々のコンディションです。


エンジンルームもほぼオリジナルの状態です。今回も1969 Bronco “Boxwood Green” 同様、ノーザンカリフォルニアのN氏にエンジン及びトランスミッション、トランスファーケースのリビルト作業を依頼することになりました。


インテリアはオリジナルのブルーレンジャーインテリアを保持することを基本に、シートスキンの一部リペアとシートフォームの交換程度の作業に留める予定です。


このWind Blueのレンジャーパッケージのブロンコは先日、Revell社から1/25スケールのプラモデルとして発売されたばかりでした。このプラモデルは3月上旬にBronco Ranchでも入荷予定となっておりますので、ご興味をお持ちの方は是非、Bronco Ranchの楽天ショップでお買い求め下さい。


この後、1975 Bronco Ranger “Wind Blue” 号はエンジン及びドライブトレインのリフレッシュのため、一路ノーザンカリフォルニアへと向かいます。引き続き、このプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆2月21日の展示車両☆


1968 Ford Bronco

1969 Ford Bronco Patina Package

1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

12345...