新規車両紹介

2015.10.29
テーマ:新規車両紹介

本日は月曜日に引き続き、新規入庫車両である1966 Bronco Pickup “The shop truck” をご紹介します。
 
151029写真(1)

’66モデル前期型、いわゆるBudd Bodied Broncoの最大の特徴であるフロントグリルについて前回までにご紹介しました。本日はまず、外見上でレイトモデルと大きく異なるテールゲートについてご紹介します。
 
151029写真(2)

こちらが’66モデル、”The shop truck”のテールゲートです。このプレスラインは’66モデル前期型、後期型特有のものです。
 
151029写真(3)

そしてこちらが’71 Pickupのテールゲートです。上部のプレスラインが全く異なることが確認出来ます。
 
151029写真(4)
151029写真(5)
続いてインナーパネルの違いをご紹介します。’66 Broncoの特徴として、キックパネルの形状が挙げられます。こちらが’66モデル前期型、Budd Bodied Broncoのキックパネルです。先端がスパッとカットされているのが確認出来ます。
 
151029写真(6)
151029写真(7)

対してこちらは’71 Pickupのキックパネルです。’67モデル以降のキックパネルは先端がフェンダーと連結されています。
 

引き続き、1966 Bronco Pickup “The shop truck” の詳細をご紹介して参ります。
 

※ガレージ弦巻ではbron_tsum_ac1511ow22を開催中です。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile

 

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

 

Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!

☆10月30日の展示車両☆

151016

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger

1976 Ford Bronco Sport

1977 Ford F-150

1979 Chevrolet K-10

1988 Chevrolet K-5 Blazer

ぜひお越しください♬♩

 

2015.10.26
テーマ:新規車両紹介

本日は先週に引き続き、新規入庫車両である1966 Bronco Pickup “The shop truck” をご紹介します。

 

151026写真(1)
’66モデル前期型、いわゆるBudd Bodied Broncoの最大の特徴がこのフロントグリルです。この個体は巨大なガード付きバンパーが装着されているため分かりづらいのですが、’66モデル後期型以降のグリルと比較すると造形の深いシェイプとなっているのです。

 

151026写真(2)
151026写真(3)

そしてヘッドライトからグリル端部に向って上下にプレスラインが入っており、このラインがアイブロウ(まつ毛)のように見えることから、Budd Bodied Broncoのグリルはマニアの間でアイブロウグリルと呼ばれています。こちらはパッセンジャーサイドです。
 
151026写真(4)
151026写真(5)

そしてこちらはドライバーズサイドです。しっかりとアイブロウが確認出来ます。

 

151026写真(6)
151026写真(7)

こちらは’71モデルのグリルです。プレスラインは存在せず、よりシンプルな造形となっています。

 

151026写真(8)
151026写真(9)

このようにBudd Bodied Broncoのグリルは端部が角ばっており、堀も深くなっています。

 

151026写真(10)
151026写真(11)

こちらは’74 Broncoのグリル端部です。違いがお分かり頂けるでしょうか。全体的に丸みを帯びた形状です。

 

引き続き、1966 Bronco Pickup “The shop truck” の詳細をご紹介して参ります。
 

※ガレージ弦巻ではbron_tsum_ac1511ow22を開催中です。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile

 

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

 

Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!

☆10月27日の展示車両☆

151016

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger

1976 Ford Bronco Sport

1977 Ford F-150

1979 Chevrolet K-10

1988 Chevrolet K-5 Blazer

ぜひお越しください♬♩

 

2015.10.24
テーマ:新規車両紹介

本日は木曜日に引き続き、新規入庫車両である1966 Bronco Pickup “The shop truck” をご紹介します。
 
151024写真(1)
本日から数回に分けてこの個体のディテールをご紹介して参ります。この個体の特徴は1966年4月以前に製造されたEarly ’66モデルであるということです。Early ’66モデルのボディコンポーネンツは、当時のメジャーなボディサプライヤーであったBudd Companyによって製造されていました。Early ’66モデルがマニアの間でBudd bodied Broncoと呼ばれている所以です。
 
151024写真(2)
151024写真(3)
Budd bodied Broncoの外見上の特徴はフロントグリルとテールゲートにあります。フロントグリルはより堀が深く、テールゲートのプレスラインはレイトモデルとは大きく異なります。詳しくは次回以降にご紹介します。
 
151024写真(4)
151024写真(5)
ブロンコの1stイヤーである’66モデルの総生産台数は23,776台でこの台数は’74モデルの25,824台に次ぐ規模です。しかし’74モデルがワゴンボディのみだったのに対し、’66モデルにはワゴン・ハーフキャブ(ピックアップ)・ロードスターの3種のボディスタイルが存在しました。
 
151024写真(6)
151024写真(7)
内訳はワゴン12,756台、ピックアップ6,930台、ロードスター4,090台という内容でした。この個体は1/6,930という事になります。しかし’66モデルは製造から既に49年が経過しており、この個体のようにオリジナルペイントを残す個体は非常に稀な存在です。この個体がオリジナルコンディションを色濃く残す状態で保たれてきたのは、この個体をショップトラックとして使用し、退役させた後も大切に保管してきたノースダコタのフォードディーラー、Schumacher’s Inc. の功績であると言えます。その功績を称えるためにもこの美しいArcadian Blueのボディペイントをいつまでも維持していきたいものです。
 
151024写真(8)
151024写真(9)
151024写真(10)
この個体のボディパネルには当時のフォードのキャッチコピーである、”A GREAT TRADITION” や”BETTER IDEAS” などのロゴが踊っています。最近ではこれらのロゴが入ったヴィンテージサインは驚くような高値で取引されており、このロゴだけでもヴィンテージマニアにとっては垂涎の的で、この個体の価値を高めている要因となっています。
 
151024写真(11)
’66モデルのみに採用されたデザインのハブキャップも保たれており、極めてオリジナル度の高い個体であることが改めて確認出来ます。
 
引き続き、1966 Bronco Pickup “The shop truck” の詳細をご紹介して参ります。
 

※ガレージ弦巻ではbron_tsum_ac1511ow22を開催中です。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile

 

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

 

Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!

☆10月26日の展示車両☆

151016

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger

1976 Ford Bronco Sport

1977 Ford F-150

1979 Chevrolet K-10

1988 Chevrolet K-5 Blazer

ぜひお越しください♬♩

 

2015.10.22
テーマ:新規車両紹介

本日は新たに入手した1台をご紹介します。
 
写真(1)
Lynton, North Dakota にて入手しました、1966 Bronco Pickupです。こちらの個体は現地のディーラー、Schumacher’s Fordから新車でデリバリーされた後、このディーラーによって買い戻され、以後、ディーラーのショップトラックとして1970’sから使用されてきたとても珍しい経歴を持ったBronco Pickupです。退役後、このディーラーによって保管されていました。そして、この度、私共がこのディーラーから直接譲り受けることになったのです。
 
写真(2)
遠方のNorth Dakotaからまずは私共のパートナーであり、バハブロンコスペシャリストであるN氏の工房に陸送してもらい、しばらくN氏の元で保管してもらっていました。そしてこの度、来年に向けてのプロジェクトを始動させるため引き取りに行って来ました。
 
写真(3)
ベッドフロアはそれなりに傷んでいますが、これもショップトラックとして働いてきた証です。このベッドフロアを含め、各ボディパネルはオリジナルパネルを保持していく計画です。
 
写真(4)
この年式特有のグレーのダッシュパネルとドアパネルなど、インテリアもオリジナルの状態を完璧に保持しています。
 
写真(5)
グレーのドアパネルの他、アームレストは’66-’67専用、ドアウィンドウハンドルとドアハンドルは’66モデルのみに採用されたデザインとなります。
 
写真(6)
この個体は長年ディーラーのサービストラックとして使用されてきたこともあり、そのヒストリーは明確で、現在は37,300オリジナルマイルというローマイレージの状態を維持しています。
 
写真(7)
搭載されるエンジンは当時の標準設定だった170cidのl6エンジン。V8程の力強さは無いものの、とてもスムーズで十分トルクフルなエンジンです。ローマイレージなエンジンですが、必要があればオーバーホールを行う予定です。
 
写真(8)
テールゲートも’66モデルにのみに採用されたデザインで、マニアの間では’66ゲートと呼ばれている一品です。’66モデルは他の年式とボディパネルの形状が異なる箇所が数多くあるのですが、テールゲートもその内の一つです。形状が異なるとは知らずにリプロパーツでレストアしてしまい、正しいパネルが失われた’66ブロンコを見かけることは少なくありません。’66ブロンコを購入する際は注意しなければいけないポイントです。
 
写真(9)
そしてトレーラーに積み込み一路LAを目指します。”Arcadian Blue” のペイントとブルーのラプターとの組み合わせは相性抜群でした。
 
写真(10)修正
引き続き、1966 Bronco Pickup “The shop truck” の詳細をご紹介して参ります。

 

※ガレージ弦巻ではbron_tsum_ac1511ow22を開催中です。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile

 

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

 

Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!

☆10月23日の展示車両☆

151016

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger

1976 Ford Bronco Sport

1977 Ford F-150

1979 Chevrolet K-10

1988 Chevrolet K-5 Blazer

ぜひお越しください♬♩

 

2015.10.20
テーマ:新規車両紹介

カリフォルニアからの長旅を終え、1975 Bronco Rangerが無事ガレージに到着しました。

DSC04191
横浜の港までローダー弦巻号で迎えに行きました。強い陽射しと澄み渡った青空、そしてヒンヤリとした空気…まさにカリフォルニアを思わせるような天気の中での引き取りとなりました。雰囲気もカリフォルニアみたい!?

DSC04200
DSC04198
DSC04196
ガレージへ到着したGlen Green号。先に入庫しているBoxwood Greenとはまた一味ちがった、とてもいい色味です。”glen”とは深い峡谷とか谷間という意味を持つのですが、このBroncoはそんな峡谷をイメージしたGreenを身にまとっているんです。言葉で表現するのはなかなか難しいのですが、淡~い黄緑といった感じでしょうか。ぜひ実車でこのカラーリングをチェックしていただきたいですね。Ranger Packageのブラウンとの相性もバッチリです。

DSC04201
弦巻の駐車場は現在、とても華やか!! 色味のあるクルマが並ぶといいですね。60~70’sのアメリカ車は、デザインのみならずこのカラーリングも大きな魅力のひとつです。

ストックリストに挙るにはまだしばし時間がかかりますが、現在ご納車をお待ちいただいているクルマ達の整備が終わり次第、作業に取り掛かる予定です。


※ガレージ弦巻ではbron_tsum_ac1511ow22を開催中です。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆10月21日の展示車両☆

151016

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger

1976 Ford Bronco Sport

1977 Ford F-150

1979 Chevrolet K-10

1988 Chevrolet K-5 Blazer

ぜひお越しください♬♩

2015.09.15
テーマ:新規車両紹介

ご来店された皆様にはすでにご覧いただいておりますが、作業の完了した1975 Bronco Rangerを改めましてご紹介したいと思います。

DSC03844
DSC03879
DSC03917
こちらが1975 Bronco Rangerです。アメリカにてレストアを行っている模様を当ブログでもご紹介してきましたが、日本での作業も納車整備を残してほぼ終了しホームページにも間もなく掲載となります。ウィンブルドンホワイトのボディにクロームのハブキャップが似合いますね。素のスチールホイールでもかなりカッコいいのですが、ハブキャップを装着すると上品な雰囲気にガラリと変わります。

DSC03854
DSC03900
DSC03856
インテリアはブラウン仕様です。このインテリアがレンジャーパッケージの最も特徴的な部分。ベーシック&スポーツグレードではパーチメントが標準となりますが、レンジャーパッケージではシート、カーペット、ダッシュパッドそしてクォーターパネルなどインテリア全体がカラーコーディネイトされています。とても上品な仕上がりです。

DSC03903
そして、我々が強いこだわりを持って仕上げたのがこのシートです。クォーターパネルとシートに使われているチェック柄のファブリックは、70’s当時のものを探し出して張り替えました。時間とコストはそれなりにかかりましたが、その甲斐あってレンジャーパッケージならではのクォリティを復元することができました。

DSC03875
エンジンはリビルト済みの302cid V8を搭載しました。マニュアルの3速ミッションんとの組み合わせで力強い走りが楽しめます。見た目は上品ですが、いざ走り出せばそれなりのパフォーマンスを見せつけることができます。

DSC03888
DSC03896
テールゲートの”FORD”レターはバーガンディ色でペイント。ウィンブルドンホワイトのボディに似合いますね。

DSC03884
DSC03909
下まわりもパリッとした仕上がりになっています。下まわりは綺麗にこしたことはありません。特に4WDは下まわりが見えやすいので。下まわりが綺麗なクルマは佇まいがしゃんとして見えます。

1975 Bronco RangerはBronco Ranchにてご覧いただけますので、ぜひ当店に足をお運びいたきレンジャーパッケージならではの雰囲気を感じてください!!


※ガレージ弦巻ではbron_tsum_ac1508ow15bを開催中です。
詳細は↑をクリックしてください!!

秋季休暇のお知らせ
Bronco Ranch及びGarage弦巻は9月20日(日)から9月23日(水)までを秋季休暇とさせていただきます。楽天ショップも同様に9月20日(日)から9月23日(水)までを秋季休暇とさせていただきます。
休暇中に頂きましたお問い合わせ・ご注文は9月24日(木)より順次ご対応させていただきます。よろしくお願いいたします。なお、休暇中にご来店を希望される場合は完全予約制にてご対応いたします。お手数ですが事前のご連絡をお願いいたします。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆9月16日の展示車両☆

150901

1969 Ford Bronco

1972 Ford Baja Bronco

1975 Ford Bronco Ranger

1976 Ford Bronco Sport

1977 Ford F-150

1977 Chevrolet K-10

1979 Chevrolet K-10

1988 Chevrolet K-5 Blazer

1988 Chevrolet V20 Suburban

ぜひお越しください♬♩

2015.07.11
テーマ:新規車両紹介

本日は、この度、Ontario, CAにて買い付けを行いました、新規入庫車両をご紹介します。
 
150713写真(1)
1975 Bronco Rangerです。
 
150713写真(2)
一見するとイエローに見えるこちらのエクステリアカラーはGlen Greenと名付けられたとても珍しいカラーで、’75年式のブロンコには28種類のカラーバリエーションが存在したのですが、滅多に見かけることのないレアカラーです。
 
150713写真(3)
それもその筈で、Glen Greenのエクステリアカラーを持つ ’75 U-100 Bronco Wagonは290台が製造されたのみで、その内、Ranger トリムを持つ個体は何とこの1台のみ!まさに激レアな、Only 1の入手に成功したのです!!
 
150713写真(4)
ただでさえ珍しいこちらの個体なのですが、前オーナーによって大切に扱われてきたこともあり、エクステリアのコンディションも抜群です。
 
150713写真(5)
150713写真(6)
150713写真(7)
貴重なGingerカラーのRangerインテリアもオリジナルのまま、とても綺麗な状態をキープしています。まさに奇跡的な1台と言えます。
 
150713写真(8)
エンジンルームもすべてにおいてオリジナルコンディションを維持しています。欠品しがちなエアクリーナーインレットダクトやエアチューブも備えており、前オーナーの拘りを垣間見ることが出来ます。
 
150713写真(9)
150713写真(10)
銀行にて支払いを済ませ、早速、トレーラーに積み込み私共の倉庫に引き上げました。
 
150713写真(11)
引き続き、激レアな1台、1975 Bronco Ranger “Glen Green” の情報をご紹介して参ります。

 

※ガレージ弦巻ではbron_tsum_ac1508ow15bを開催中です。
       詳細は↑をクリックしてください!!

 

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

 

Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

 

☆Bronco Ranch&Garage弦巻は日曜日を定休日とさせていただいておりましたが、今後完全予約制にてご対応させていただきます。日曜日ご来店を希望されるお客様は、お手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

 

Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!

 

☆7月13日の展示車両☆

 

150522

1969 Ford Bronco

1972 Ford Baja Bronco

1975 Ford Bronco Ranger

1976 Ford Bronco Sport

1977 Ford F-150

1986 GMC Jimmy

1971 Chevrolet K-10

1977 Chevrolet K-10

1979 Chevrolet K-10

1988 Chevrolet K-5

1988 Chevrolet V20 Suburban

 

ぜひお越しください♬♩

2015.06.19
テーマ:新規車両紹介

新たにストック車両に加わった1992 Toyota Land Cruiser FJ80をご紹介します。

1992FJ80_1
1992FJ80_4
1992FJ80_5
こちらが都会を颯爽と駆け抜ける…をコンセプトにカスタマイズを施した1992 Toyota Land Cruiser FJ80 “Urban Trail Package”です。もともとワゴンボディだったハチマルをナローボディ化して1ナンバー登録に変更。ボディをシルバーにリペイントし、グリルやバンパー、ミラー、ホイールなどをマットブラックにペイントしています。細身のATタイヤと組み合わせたスチールホイールとナローボディの相性もバッチリです。

DSC02929
DSC02935
DSC02982
36,100kmというローマイレージの個体だけあって、インテリアもクリーンな状態を保っています。ステアリングやシフトレバーなど、乗員が良く触れる部分にも擦れや破れといったダメージは見られません。シート表皮には当時まだ珍しかった軟らかい肌触りが特徴のアルカンターラが使用されています。

1992FJ80_12
グランドピアノと称された美しいデザインのダッシュボードも健在。

1992FJ80_28
カーゴスペースもコンディションの良い状態で、カーペットもフカフカです。

1992 Toyota Land Cruiser FJ80 “Urban Trail Package”の詳細はガレージ弦巻のHP内INVENTORY(←クリック!)でご覧いただけますので、ぜひ覗いてみてください。

1992 Toyota Land Cruiser 80 “Urban Trail Package”
Silver & Mat Black
3,955cc L6 engine,4A/T
A/C,P/S,P/W,Navigation System
検H26.8
Price:¥2,750,000+TAX
※サードシートあります


アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻は日曜日を定休日とさせていただいておりましたが、今後完全予約制にてご対応させていただきます。日曜日ご来店を希望されるお客様は、お手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆6月21日の展示車両☆

150522

1969 Ford Bronco

1972 Ford Baja Bronco

1975 Ford Bronco Ranger

1976 Ford Bronco Sport

1977 Ford F-150

1986 GMC Jimmy

1971 Chevrolet K-10

1977 Chevrolet K-10

1979 Chevrolet K-10

1988 Chevrolet K-5 Blazer

1988 Chevrolet V20 Suburban


ぜひお越しください♬♩

2015.05.24
テーマ:新規車両紹介

本日は金曜日に引き続き新規入庫車両をご紹介します。

1台目はこちら。
DSC02512
DSC02540
DSC02554
1971 Chevrolet K-10 Stepsideです。丸みを帯びたフェンダーが備わる可愛らしい後ろ姿が特徴的なStepside。ファンは多いのですが、なかなか見つけることができない個体です。Med BlueのボディカラーがStepsideの可愛らしい雰囲気を一層引き立てています。ホイールは深リムのラリーホイールをチョイス。31インチのATタイヤと組み合わせました。

DSC02518
DSC02527
インテリアもボディカラーに合わせブルーの仕上がり。ベンチシート、そしてこのカラーリング、70’sアメリカンならではの雰囲気ではないでしょうか。ステアリングホイールはこのあと純正スタイルへと戻し、カーペットも張り替える予定です。

DSC02517
エンジンはリビルト済みの350cid V8。さらにリビルト済みの3速ATが搭載されていますので、力強い走りを存分に楽しんでいただくことができます。
この1971 Chevrolet K-10はガレージ弦巻のHP内INVENTORY(←クリック!)でご覧いただけますので、ぜひ覗いてみてください。

1971 Chevrolet K-10 Stepside
Med Blue
350cid V8 engine
3A/T
Price:¥3,900,000+TAX


続いては
DSC02583
DSC02623
DSC02630
1977 Chevrolet K-10 Cheyenneです。Mariner Blueのボディ、東京の日差しでも美しく輝いています!! この個体はエクステリア&インテリアともにオリジナル度の高い、98,800オリジナルマイルのK-10です。乾燥していた地域で使用されていたこともあり、サビや腐食などといったダメージを受けていません。

DSC02657
アメリカではピックアップの荷台がフル活用されるため、きれいな状態を保っている個体が少ないのですが、このK-10はこの状態。凹みなども一切なく大切に使われてきたことがうかがい知れます。

DSC02606
DSC02613
インテリアもブルー基調の仕上がりです。シートスキンのみ張り替えて輸入していますが、それ以外はフルオリジナルを保っています。シャフト型ラジオも完動品です。

DSC02598
DSC02611
エンジンは350cid V8、ミッションは4速M/Tの組み合わせ。トルクフルなV8エンジンの走りを自分の意のままに操ることができる仕様です。フルサイズボディとMTの組み合わせに扱いにくいイメージをお持ちの方もいらっしゃるようですが、トルクのあるエンジンとの組み合わせですので、イージードライブが可能です。
1977 Chevrolet K-10 Cheyenneの詳細はガレージ弦巻のHP内INVENTORY(←クリック!)でご覧いただけますので、ぜひ覗いてみてください。

1977 Chevrolet K-10 Cheyenne
Mariner Blue & White
350cid V8 engine
4M/T
Price:¥3,050,000+TAX

今回はブロンコ、そしてGM系合わせて4台が新規入庫車としてガレージに到着しています。どの車もこれからガレージて仕上げを行っていく予定ですが、ガレージ弦巻にて実車をご覧いただけますのでぜひ足をお運びください!!


アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻は日曜日を定休日とさせていただいておりましたが、今後完全予約制にてご対応させていただきます。日曜日ご来店を希望されるお客様は、お手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆5月25日の展示車両☆

150522

1969 Ford Bronco

1972 Ford Baja Bronco

1975 Ford Bronco Ranger

1976 Ford Bronco Sport

1977 Ford F-150

1986 GMC Jimmy

1971 Chevrolet K-10

1977 Chevrolet K-10

1979 Chevrolet K-10

1988 Chevrolet K-5 Blazer

1988 Chevrolet V20 Suburban


ぜひお越しください♬♩

2015.05.22
テーマ:新規車両紹介

本日は新規入庫車両をご紹介します。

まずは…
DSC02445
DSC02452
1969 Ford Bronco “Patina Package”です。このブロンコは新車の状態からのオリジナルペイントが残されている奇跡の1台です。ボディの補修箇所も最小限ですみましたので、時間の経過のみが作り出せる最高の雰囲気を活かしながら、機関系、脚まわり、インテリアなどに手を入れパリっと仕上げる予定です。ベースグレードのシンプルなルックスもこのパッケージングにピッタリですね。

DSC02443
ボディカラーはBoxwood Greenです。日本語ではなかなか表現の難しい、いい感じの色味です。オリジナルペイントの場合フロントフェンダーは色が剥げてしまっていることが多いのですが、このブロンコではしっかりと残されています。

DSC02442
ベースグレードならではのホワイトアウトされたフロントグリル。飛び石などでのペイント剥がれも敢えてそのまま残しています。

DSC02446
エンジンルームはまだ手付かずの状態ですが、これからコンディションアップを行います。302cid V8のコンディションは上々。小気味よいV8サウンドを奏でていますよ。
オリジナルペイントの持つ雰囲気を残しながら仕上げる”Patina Package”は当店初の試みでもありますので、我々も完成が楽しみなブロンコです。作業の模様はブログ等で随時お伝えしてきます。

1969 Ford Bronco
Boxwood Green
302cid V8 Engine
3M/T “Three on the tree”
Price:TBD


続いては…
DSC02497
DSC02508
DSC02491
続いてはApple Red & Frost Whiteのカラーリングが鮮やかな1988 Chevrolet K-5 Blazer Silveradoです。このK-5は新車からひとりのオーナーが大切に扱ってきたワンオーナートラック。走行距離は87,200オリジナルマイルで、エクステリア&インテリア全てにおいてオリジナルコンディションをキープしている個体です。

DSC02467
DSC02461
DSC02462
バーガンディ基調のインテリアも良いコンディションをキープしていたのですが、次期オーナーに気持よく乗っていただけるようインテリアはリファインを施し日本へと輸入しました。直線基調のインストルメントパネルはある意味この年代のGM車のアイデンティティですね。クッションの厚いシートはソファのような深いクッション性を持っていますがホールド感もなかなかです。

DSC02483
エンジンはインジェクション仕様の350cid V8。トルクフルなエンジン、そして4速ATの組み合わせでストレスを感じさせないパワフル&スムースな走りが楽しめます。
1オーナートラックならではのコンディションをぜひとも御覧ください!! 1988 Chevrolet K-5 Blazerの詳細はガレージ弦巻のHP内INVENTORY(←クリック!)でご覧いただけます。

1988 Chevrolet K-5 Blazer Silverado
Apple Red & Frost White
350cid V8 engine w/Fuel Injection
4A/T
Price:¥2,750,000+TAX

今日ご紹介した2台はガレージ弦巻にて展示中です。


アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻は日曜日を定休日とさせていただいておりましたが、今後完全予約制にてご対応させていただきます。日曜日ご来店を希望されるお客様は、お手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆5月23日の展示車両☆

150522

1969 Ford Bronco

1972 Ford Baja Bronco

1975 Ford Bronco Ranger

1976 Ford Bronco Sport

1977 Ford F-150

1986 GMC Jimmy

1971 Chevrolet K-10

1977 Chevrolet K-10

1979 Chevrolet K-10

1988 Chevrolet K-5 Blazer

1988 Chevrolet V20 Suburban


ぜひお越しください♬♩