新規車両紹介

2016.06.13
テーマ:新規車両紹介

ガレージにて整備を進めてきました1975 Bronco Rangerですが、遂に完成の時を迎えました。

DSC06751
DSC06800
DSC06803
整備の完了した1975 Bronco Rangerです。今まで外していたハブキャップを付けると雰囲気がガラリと変わり上品な出で立ちに。Glen Greenのボディカラーとの相性もバッチリですね。

DSC06798
Rangerパッケージではインストルメントパネルもボディと同色にペイントされます。そしてダッシュパッドはインテリアカラーと同色のブラウンの仕様となっています。

DSC06775
グローブボックスの蓋にはRangerのバッチが備わっています。

DSC06777
DSC06779
Ranger Packageではブルー、グリーン、ブラウンの3色からトリムカラーを選ぶことができたのですが、このRangerはブラウンをチョイス。最上級グレードとなるRangerパッケージでは、シートトリム、カーペット、ダッシュパッド、リアクォーターパネル、テールゲートカーペットなどがブラウンでコーディネイトされています。ブラウンはGlen Greenとの相性もいい感じ。とても洒落た仕上がりとなっています。

DSC06787
そして、一番の特徴がこの千鳥格子柄のシートファブリックです。この生地がシートやドアトリムなどに使われることで、Rangerパッケージをより上品な仕上がりにしてくれていますね。

DSC06814
こちらはカーゴスペース。フロアはフルカーペット、さらにテールゲートにもカーペットが敷かれるのもRangerパッケージならでは。毛足の長いカーペットは触り心地も気持ちがいいです。

DSC06762
このRangerはレンジャーラインではなく、ボディモールがチョイスされていました。クロームも磨いてひと皮むけば当時の輝きを取り戻します。

DSC06766
DSC06767
DSC06821
当ブログでもお伝えしてきたとおり、外せるパーツを全て外してメンテナンスを進めてきた下まわりはとてもクリーンな仕上がりとすることができました。ブッシュやシール類などの消耗品もニューパーツを使って組んでいますので、新車の状態に近いコンディションを実現しています。クリーンで艶っぽい下まわりは見ていてとても気持ちが良いです。

DSC06756
オーバーホール済みの302 cid V8エンジンは安定したアイドリングとスムーズな吹け上がりを実現。運転席に座ってこのエンジンを目覚めさせると程よいV8のバイヴレーションを感じながら楽しげなドライブを想像していまします。

DSC06745
1975 Bronco Rangerは現在Garage弦巻にて展示中ですので、ぜひご来店いただきこのBroncoの雰囲気を実際に見ていただければと思います。写真では伝えきれない魅力が多々ありますので!!

1975 Bronco Ranger
Body Color:Glen Green
Interior Color:Parchment
Engine:302 cid V8(4,948cc)
Transmission:3A/T
A/C,P/S,P/B
Price:ASK


アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆6月14日の展示車両☆

160307

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger(Wimbledon White)

1975 Ford Bronco Ranger(Glen Green)

1977 Ford F-150

1988 Chevrolet K-5

ぜひお越しください♬♩

2015.12.13
テーマ:新規車両紹介

ちょぴり懐かしい角目のフロントマスクを持ったLand Cruiser FJ62Vが入庫しました。

DSC04722
DSC04751
DSC04747
1990年式のFJ62Vです。昨今のロクマル人気で程度の良い個体を見つけるのが難しくなってきましたが、角目のフロントマスクにロールーフボディのこのロクマル、46,000kmというローマイレージで25年前にラインオフされたとは思えないコンディションを保っています。ロクマルはリアルオフローダーからの人気が高く酷使されるケースも多いので、このような状態の個体はなかなか出てきません。ストック車高、純正のスチールホイールに大径タイヤのスタイルも古き好きランドクルーザーの魅力を増しています。

DSC04717
DSC04726
DSC04689
DSC04692
ステアリングやシートの汚れ、破れもなく、インテリアもこのクルマが大事に使われてきたことが分かるコンディションです。ブラウン基調のファブリックもこの年代ならではの雰囲気を醸し出していますね。

DSC04745
コチラはカーゴルーム。フロアカーペットはもちろん、クォーターパネルも綺麗な状態が保たれています。

DSC04732
排気量3,955ccの3Fエンジンもタッタッタッと小気味よいエンジンサウンドを奏でています。5速M/Tとの組み合わせで街乗りから高速走行までトルクフル&スムーズな走りを楽しませてくれますよ!

DSC04758
DSC04755
コチラはフロント&リアのサスペンションまわり。消耗品の交換やクリーニングなど当店で一度手を入れている個体ですのでパリッとしたコンディションを保っています。

DSC04760
ローマイレージを保っているFJ62V。Land Cruiserをお探しの方はぜひこの個体のコンディションを御覧ください。ルックスではさほど感じさせないものの、クラシカルな年代に片足を突っ込んでいるロクマル。とはいえまだまだ現役でオーナーを楽しませてくれるスペックを十分に持っています。ただいまガレージ弦巻にて展示中ですので、ご興味のある方はぜひご自身の目でチェックしてみてください。

1990 TOYOTA Land Cruiser FJ62V
エンジン:3,955cc
ミッション:5速M/T
ボディカラー:White トリムカラー:Brown
主な装備:A/C,P/S,Navigation System,ETC
車検1年付き
車両本体価格:¥3,600,000+TAX


※ガレージ弦巻ではcs2を開催中です。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆12月14日の展示車両☆

151207

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger

1977 Ford F-150

1979 Chevrolet K-10

1988 Chevrolet K-5

ぜひお越しください♬♩

2015.12.10
テーマ:新規車両紹介

本日は先週に引き続き、新規入庫車両である1966 Bronco Pickup “The shop truck” の詳細をご紹介します。
 
151210写真(1)
前回までに’66モデル前期型、いわゆるBudd Bodied Broncoと後期型との違いについて詳しくご紹介して参りました。本日はこの個体の最大の売りとも言えるオリジナルペイントのボディについてご紹介します。
 
151210写真(2)
ブロンコのチャームポイントでもあるフロントグリルの”FORD” レターももちろんオリジナルのペイントです。リペイントされたレターにはない独特のヴィンテージ感です。
 
151210写真(3)
リアテールゲートの”FORD” レターももちろんオリジナルペイント。当時のローラーによる独特のペイント方法によって塗られたペイントが、長年の経年劣化によってのみ可能となる色褪せを実現しています。まさに人工的には作り出すことが出来ないヴィンテージ感です。
 
151210写真(4)
ベッドはサービストラックとして使用されてきこともあり、それなりに傷んでいますが、これもこのトラックの歴史です。リペアはせずにこのままの状態を保つ方向で考えています。この錆びたベッドも「詫び・寂び」を感じさせてくれるポイントです。
 
151210写真(5)
151210写真(6)
フロントフェンダーパネル端部や、
 
151210写真(7)
151210写真(8)
151210写真(9)
フェンダーとロッカーパネルの継ぎ目部分、リアテールライトハウジングなど雨水の通り道となる箇所は錆による腐食が進行しています。基本的にはオリジナルのパネルを維持する方向ですが、雨が多く、多湿な日本での使用環境はこのままの状態だと厳しいのも事実です。高いオリジナル度合いを維持しながら、どのようなリペアが出来るのか、検討が必要です。
 
151210写真(10)
151210写真(11)
この個体のオリジナルオーナーはこの個体の排気量を示す170″ cuというメモ書きをホイールウェル上部や、フード裏側に残していました。170キュービックインチを示すこのメモ書きの真意は定かではありませんが、オリジナルペイントを維持している個体ならではのものですね。この個体のヒストリーの一部として保存したいと思います。
 
151210写真(12)
下廻りは錆はありますが、比較的きれいな状態です。こちらは弦巻到着後、どのように仕上げるのかメカニックと検討したいと思います。
 
151210写真(13)
151210写真(14)
付属していたフロアマットもオリジナルのマットです。要するに’65~’66年製ということになります。ここまで古くなると完全にお宝ですね。
 
1966 Bronco Pickup “The shop truck” は来年の西海岸最大のフォードフリークの為のイベント、Fabulous Fords Foreverへの出展に向けてカリフォルニアにて整備を進めていく予定です。引き続き、この個体の情報をご紹介して参ります。

 

※ガレージ弦巻ではcs2を開催中です。

 

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile

 

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

 

Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!

☆12月11日の展示車両☆

151207

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger

1977 Ford F-150

1979 Chevrolet K-10

1988 Chevrolet K-5

ぜひお越しください♬♩

 

2015.12.03
テーマ:新規車両紹介

本日は月曜日に引き続き、新規入庫車両である1966 Bronco Pickup “The shop truck” の詳細をご紹介します。
 
151203写真(1)
前回までに’66モデル前期型、いわゆるBudd Bodied Broncoの特徴についてご紹介して参りました。本日はインテリアの違いについてご紹介します。
 
151203写真(2)
’66モデルのシートカバーはベンチシート、バケットシート共にグレー色のシートスキンが採用されていました。この個体のシートフォームは座面部分は劣化の為、張り替えられていますが、バックレスト部分は一部損傷しているものの、オリジナルのスキンを維持しています。今となっては大変貴重なパーツです。
 
151203写真(3)
そしてゲージクラスターも’66モデルは後期モデルと異なります。スピードゲージのティップマークが数字の外側に位置しています。後期モデルでは数字の内側へと変更されます。
 
151203写真(4)
ダッシュボードも’66モデルではグレーに塗られており、スピーカーグリルの形状、アッシュトレイが付属しないなど形状自体も異なります。そして各ノブ類も後期モデルとは異なる形状でした。ダッシュパッドも通称 “Pencil Style” と呼ばれる尖った形状で、このダッシュパッドは”66モデルと”67モデルに採用されたデザインです。
 
151203写真(5)
151203写真(6)
’66モデルではドアパネルもグレーに塗られ、アームレスト、ドアノブ、ウィンドウハンドルが後期モデルとは形状が全く異なります。
 
151203写真(7)
サンバイザーもグレー色で統一されており、その内側にはバキューム式のウィンドウモーターが設置されています。後期型の電気式モーターと違い、ワイパーモーターカバーは付属していませんでした。
 
151203写真(8)
’66モデルのエアベントボックスは後期型と異なりスチール製でした。後にプラスチックへと変更されます。
 
151203写真(9)
そしてVINタグはドライバーズサイドのキックパネルに付属していました。VINタグは’68モデル以降、グローブボックスドア内側へと移設されます。
 
151203写真(10)
そして’66モデルではトランスファーシフターがノンロッキングタイプとなり、シフターやシフトブーツ、ノブのデザインもこの年式特有のデザインでした。
 
引き続き、1966 Bronco Pickup “The shop truck” の詳細をご紹介して参ります。

 

※ガレージ弦巻ではbron_tsum_ac1511ow22を開催中です。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile

 

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

 

Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!

☆12月4日の展示車両☆

151201

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger

1976 Ford Bronco Sport

1977 Ford F-150

1979 Chevrolet K-10

1988 Chevrolet K-5 Blazer

ぜひお越しください♬♩

 

2015.11.30
テーマ:新規車両紹介

本日は少し間が空いてしまいましたが、新規入庫車両である1966 Bronco Pickup “The shop truck” の詳細をご紹介します。
 

151130写真(1)

’66モデル前期型、いわゆるBudd Bodied Broncoの特徴であるコアサポートとフードについて前回(11/2)、ご紹介しました。本日はその他の違いについてご紹介します。
 

151130写真(2)

151130写真(3)

こちらは ’66モデルのスチールバンパーです。この個体には前オーナーであるフォードディーラーによってアニマルガードバンパーが取り付けられていますが、オリジナルの状態に戻すべく、’66バンパーを入手しました。’66バンパーは’67後期以降のバンパーと違い、バンパーエンドが垂直にカットされています。この個体のオリジナルバンパーはクロームメッキ仕様でしたので、その点にこだわりクロームメッキの ’66バンパーを入手しました。
 

SONY DSC

こちらは’71 Pickupです。’67後期以降のバンパーはバンパーエンドが斜めにカットされているのがお分り頂けると思います。
 

151130写真(5)

そして左右ドアのキーシリンダーは ’66モデルではプレスラインの上部に位置しています。
 

SONY DSC

’67モデル以降ではキーシリンダーはご覧の通り、プレスラインの下へと移動されます。
 

151130写真(7)

’66モデルではウィンドシールドワイパーがバキューム式であったため、ドライバーズサイドのコウルパネルとウィンドシールドマウントパネルの結合部分付近にバキュームホースが通されていました。このバキュームホース用の穴は年式を特定する上でとても有効なヒントとなります。エアベントボックスも ’66モデル特有のもので後期モデルとは形状が異なります。
 

SONY DSC

こちらは ’71 Pickupのエンジンルームです。ドライバーズサイドのコウルパネルとウィンドシールドマウントパネルの結合部分付近にはホースもなく、穴もないことが確認出来ます。
 

引き続き、1966 Bronco Pickup “The shop truck” の詳細をご紹介して参ります。
 

※ガレージ弦巻ではbron_tsum_ac1511ow22を開催中です。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile

 

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

 

Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!

☆12月1日の展示車両☆

151113

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger

1976 Ford Bronco Sport

1977 Ford F-150

1979 Chevrolet K-10

ぜひお越しください♬♩

 

2015.11.02
テーマ:新規車両紹介

本日は先週に引き続き、新規入庫車両である1966 Bronco Pickup “The shop truck” をご紹介します。

 

151102写真(1)
’66モデル前期型、いわゆるBudd Bodied Broncoの特徴であるテールゲートとキックパネルについて前回、ご紹介しました。本日はその他のインナーパネルの違いについてご紹介します。
 
151102写真(2)
151102写真(3)
まずはこちら、コアサポートです。’66モデルのコアサポートの補強材(ブレス)はドライバーズサイド1本のみなのに対し、レイトモデルではブレスの数が増え、大幅に強度アップが図られています。
 
151102写真(4)
151102写真(5)
こちらが’71モデルのコアサポートです。ドライバーズサイド、パッセンジャーサイド共にブレスの数が増やされていることが確認出来ます。
 
151102写真(6)
そしてこちらは’66モデルのフードです。横方向へのブレスは1本のみで、強度不足を補うためフードプロップと同じような外径の補強材が2本、縦方向に溶接されています。
 
151102写真(7)
対してこちらは’71モデルのフードです。縦方向の補強材は取り除かれ、横方向のブレスが1本追加されているのが確認出来ます。
 
コアサポート、フード共にファーストイヤーである’66モデルが改良され、進化を遂げているのです。
 
引き続き、1966 Bronco Pickup “The shop truck” の詳細をご紹介して参ります。

 

※ガレージ弦巻ではbron_tsum_ac1511ow22を開催中です。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile

 

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

 

Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!

☆11月3日の展示車両☆

151016

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger

1976 Ford Bronco Sport

1977 Ford F-150

1979 Chevrolet K-10

1988 Chevrolet K-5 Blazer

ぜひお越しください♬♩

 

2015.10.29
テーマ:新規車両紹介

本日は月曜日に引き続き、新規入庫車両である1966 Bronco Pickup “The shop truck” をご紹介します。
 
151029写真(1)

’66モデル前期型、いわゆるBudd Bodied Broncoの最大の特徴であるフロントグリルについて前回までにご紹介しました。本日はまず、外見上でレイトモデルと大きく異なるテールゲートについてご紹介します。
 
151029写真(2)

こちらが’66モデル、”The shop truck”のテールゲートです。このプレスラインは’66モデル前期型、後期型特有のものです。
 
151029写真(3)

そしてこちらが’71 Pickupのテールゲートです。上部のプレスラインが全く異なることが確認出来ます。
 
151029写真(4)
151029写真(5)
続いてインナーパネルの違いをご紹介します。’66 Broncoの特徴として、キックパネルの形状が挙げられます。こちらが’66モデル前期型、Budd Bodied Broncoのキックパネルです。先端がスパッとカットされているのが確認出来ます。
 
151029写真(6)
151029写真(7)

対してこちらは’71 Pickupのキックパネルです。’67モデル以降のキックパネルは先端がフェンダーと連結されています。
 

引き続き、1966 Bronco Pickup “The shop truck” の詳細をご紹介して参ります。
 

※ガレージ弦巻ではbron_tsum_ac1511ow22を開催中です。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile

 

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

 

Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!

☆10月30日の展示車両☆

151016

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger

1976 Ford Bronco Sport

1977 Ford F-150

1979 Chevrolet K-10

1988 Chevrolet K-5 Blazer

ぜひお越しください♬♩

 

2015.10.26
テーマ:新規車両紹介

本日は先週に引き続き、新規入庫車両である1966 Bronco Pickup “The shop truck” をご紹介します。

 

151026写真(1)
’66モデル前期型、いわゆるBudd Bodied Broncoの最大の特徴がこのフロントグリルです。この個体は巨大なガード付きバンパーが装着されているため分かりづらいのですが、’66モデル後期型以降のグリルと比較すると造形の深いシェイプとなっているのです。

 

151026写真(2)
151026写真(3)

そしてヘッドライトからグリル端部に向って上下にプレスラインが入っており、このラインがアイブロウ(まつ毛)のように見えることから、Budd Bodied Broncoのグリルはマニアの間でアイブロウグリルと呼ばれています。こちらはパッセンジャーサイドです。
 
151026写真(4)
151026写真(5)

そしてこちらはドライバーズサイドです。しっかりとアイブロウが確認出来ます。

 

151026写真(6)
151026写真(7)

こちらは’71モデルのグリルです。プレスラインは存在せず、よりシンプルな造形となっています。

 

151026写真(8)
151026写真(9)

このようにBudd Bodied Broncoのグリルは端部が角ばっており、堀も深くなっています。

 

151026写真(10)
151026写真(11)

こちらは’74 Broncoのグリル端部です。違いがお分かり頂けるでしょうか。全体的に丸みを帯びた形状です。

 

引き続き、1966 Bronco Pickup “The shop truck” の詳細をご紹介して参ります。
 

※ガレージ弦巻ではbron_tsum_ac1511ow22を開催中です。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile

 

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

 

Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!

☆10月27日の展示車両☆

151016

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger

1976 Ford Bronco Sport

1977 Ford F-150

1979 Chevrolet K-10

1988 Chevrolet K-5 Blazer

ぜひお越しください♬♩

 

2015.10.24
テーマ:新規車両紹介

本日は木曜日に引き続き、新規入庫車両である1966 Bronco Pickup “The shop truck” をご紹介します。
 
151024写真(1)
本日から数回に分けてこの個体のディテールをご紹介して参ります。この個体の特徴は1966年4月以前に製造されたEarly ’66モデルであるということです。Early ’66モデルのボディコンポーネンツは、当時のメジャーなボディサプライヤーであったBudd Companyによって製造されていました。Early ’66モデルがマニアの間でBudd bodied Broncoと呼ばれている所以です。
 
151024写真(2)
151024写真(3)
Budd bodied Broncoの外見上の特徴はフロントグリルとテールゲートにあります。フロントグリルはより堀が深く、テールゲートのプレスラインはレイトモデルとは大きく異なります。詳しくは次回以降にご紹介します。
 
151024写真(4)
151024写真(5)
ブロンコの1stイヤーである’66モデルの総生産台数は23,776台でこの台数は’74モデルの25,824台に次ぐ規模です。しかし’74モデルがワゴンボディのみだったのに対し、’66モデルにはワゴン・ハーフキャブ(ピックアップ)・ロードスターの3種のボディスタイルが存在しました。
 
151024写真(6)
151024写真(7)
内訳はワゴン12,756台、ピックアップ6,930台、ロードスター4,090台という内容でした。この個体は1/6,930という事になります。しかし’66モデルは製造から既に49年が経過しており、この個体のようにオリジナルペイントを残す個体は非常に稀な存在です。この個体がオリジナルコンディションを色濃く残す状態で保たれてきたのは、この個体をショップトラックとして使用し、退役させた後も大切に保管してきたノースダコタのフォードディーラー、Schumacher’s Inc. の功績であると言えます。その功績を称えるためにもこの美しいArcadian Blueのボディペイントをいつまでも維持していきたいものです。
 
151024写真(8)
151024写真(9)
151024写真(10)
この個体のボディパネルには当時のフォードのキャッチコピーである、”A GREAT TRADITION” や”BETTER IDEAS” などのロゴが踊っています。最近ではこれらのロゴが入ったヴィンテージサインは驚くような高値で取引されており、このロゴだけでもヴィンテージマニアにとっては垂涎の的で、この個体の価値を高めている要因となっています。
 
151024写真(11)
’66モデルのみに採用されたデザインのハブキャップも保たれており、極めてオリジナル度の高い個体であることが改めて確認出来ます。
 
引き続き、1966 Bronco Pickup “The shop truck” の詳細をご紹介して参ります。
 

※ガレージ弦巻ではbron_tsum_ac1511ow22を開催中です。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile

 

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

 

Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!

☆10月26日の展示車両☆

151016

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger

1976 Ford Bronco Sport

1977 Ford F-150

1979 Chevrolet K-10

1988 Chevrolet K-5 Blazer

ぜひお越しください♬♩

 

2015.10.22
テーマ:新規車両紹介

本日は新たに入手した1台をご紹介します。
 
写真(1)
Lynton, North Dakota にて入手しました、1966 Bronco Pickupです。こちらの個体は現地のディーラー、Schumacher’s Fordから新車でデリバリーされた後、このディーラーによって買い戻され、以後、ディーラーのショップトラックとして1970’sから使用されてきたとても珍しい経歴を持ったBronco Pickupです。退役後、このディーラーによって保管されていました。そして、この度、私共がこのディーラーから直接譲り受けることになったのです。
 
写真(2)
遠方のNorth Dakotaからまずは私共のパートナーであり、バハブロンコスペシャリストであるN氏の工房に陸送してもらい、しばらくN氏の元で保管してもらっていました。そしてこの度、来年に向けてのプロジェクトを始動させるため引き取りに行って来ました。
 
写真(3)
ベッドフロアはそれなりに傷んでいますが、これもショップトラックとして働いてきた証です。このベッドフロアを含め、各ボディパネルはオリジナルパネルを保持していく計画です。
 
写真(4)
この年式特有のグレーのダッシュパネルとドアパネルなど、インテリアもオリジナルの状態を完璧に保持しています。
 
写真(5)
グレーのドアパネルの他、アームレストは’66-’67専用、ドアウィンドウハンドルとドアハンドルは’66モデルのみに採用されたデザインとなります。
 
写真(6)
この個体は長年ディーラーのサービストラックとして使用されてきたこともあり、そのヒストリーは明確で、現在は37,300オリジナルマイルというローマイレージの状態を維持しています。
 
写真(7)
搭載されるエンジンは当時の標準設定だった170cidのl6エンジン。V8程の力強さは無いものの、とてもスムーズで十分トルクフルなエンジンです。ローマイレージなエンジンですが、必要があればオーバーホールを行う予定です。
 
写真(8)
テールゲートも’66モデルにのみに採用されたデザインで、マニアの間では’66ゲートと呼ばれている一品です。’66モデルは他の年式とボディパネルの形状が異なる箇所が数多くあるのですが、テールゲートもその内の一つです。形状が異なるとは知らずにリプロパーツでレストアしてしまい、正しいパネルが失われた’66ブロンコを見かけることは少なくありません。’66ブロンコを購入する際は注意しなければいけないポイントです。
 
写真(9)
そしてトレーラーに積み込み一路LAを目指します。”Arcadian Blue” のペイントとブルーのラプターとの組み合わせは相性抜群でした。
 
写真(10)修正
引き続き、1966 Bronco Pickup “The shop truck” の詳細をご紹介して参ります。

 

※ガレージ弦巻ではbron_tsum_ac1511ow22を開催中です。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile

 

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

 

Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!

☆10月23日の展示車両☆

151016

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger

1976 Ford Bronco Sport

1977 Ford F-150

1979 Chevrolet K-10

1988 Chevrolet K-5 Blazer

ぜひお越しください♬♩