車両紹介

2017.08.15
テーマ:車両紹介

本日は、Refine Projectが完了した1974 Bronco Ranger Samoa Lime(SL)号をご紹介します。




オクラホマからLA、そして横浜への長旅を終えて弦巻に到着したSL号、他車の納車整備が重なっていたこともあり、到着から約半年かかりましたが、我々も満足のいく内容に仕上げることができました。Samoa Limeのオリジナルペイントそしてレンジャーラインの残る貴重な個体をベースにしています。



エンジンフードやボディサイドに入るレンジャーライン。とてもいい状態を保っています。ヤレ具合もいい感じです。


ワンオーナーBroncoならではのコンディションは、インテリアにも残されていました。オリジナルのステアリングホイールに、貴重なハーフムーンも装備されています。



奇跡的にとても綺麗な状態で残されていたシートは、シートフォームのみ交換を行い、コンモリとした張りを取り戻しました。


インストルメントパネルに備わるスイッチ類やグローブボックスのRangerバッジは新車当時からのオリジナルアイテムです。


カーペットは極力オリジナルの色味や素材に近いものを選び出し張り替えました。こだわりの仕上がりです。


カーゴルームやテールゲートのカーペットもご覧の通り新車時のコンディションを取り戻しています。



しっかりとメンテナンスが行われてきた形跡のあった302cid V8エンジンは、当店にてオーバーホールを行いました。より安定感のある、スムースに吹け上がるエンジンに仕上がっています。フォードブルーにリペイントの後、Broncoへと戻しています。




Broncoを仕上げる際に、一番手間と時間を費やすのが下まわりです。アクスルハウジングはもちろん、ミッション&トランスファや燃料タンクなど外せるパーツを全て取り外し仕上げています。結果、この艶やかな下まわりに仕上げることができました。


Early Broncoの中で最も新しい1977yモデルでもラインオフから40年が経つ今、ここまでオリジナルコンディションを残した個体を手にできるのはかなり奇跡的なことといえます。この個体はすでにSold Outとなっていますが、当店では今後もこのようなコンディションのBroncoを1台でも多く手に入れていきたいと思っております。
Bronco Ranch & Garage弦巻のHP内Inventoryには他の写真もアップしてありますので、そちらもぜひご覧ください。


夏季休暇のお知らせ
Bronco Ranch及びGarage弦巻は8月11日(金)から8月16日(水)までを夏季休暇とさせていただきます。楽天ショップも同様に8月11日(金)から8月16日(水)までを夏季休暇とさせていただきます。
休暇中に頂きましたご注文・お問い合わせは8月17日(木)より順次ご対応させていただきます。よろしくお願いいたします。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆8月17日の展示車両☆

1977 Ford F-150 White
1972 GMC K-10
ぜひお越しください♬♪

2017.06.12
テーマ:車両紹介

本日は近所のフォードディーラーへと足を運んで来ました。


お目当てはこちら、2017 RAPTOR 4×4 SUPERCREWです。先月辺りからディーラーの店頭に並び始めたNew Raptorですが、入手にあたり実勢価格の調査にやって来たというわけです。


この厳つい顔つき、迫力満点で素直にかっこいいと思えるデザインです。こちらの個体のエクステリアカラーは”AVALANCHE” と名付けられた暖か味のあるグレーです。


ディーラーの営業マンに確認したところお値段はウィンドウタグ+15,000ドルのディーラープレミアムがオンされるとのことで、車両価格は8万ドルオーバー。発売直後とあってまだまだ”買い” のタイミングではないようです。


こちらは室内に展示されていた “OXFORD WHITE” のエクステリアカラーを纏った個体。


シンプルなホワイトにブラックアウトされた足回りが似合っていますね。


SuperCrewのキャビンと組み合わされるのは5-1/2’サイズのベッドです。一見小さいように見えますが、容量的には十分なサイズです。


ブラックのForged Aluminum Wheelsは1,165ドルのオプション。平均燃費は1ガロンあたり16マイルとのこと。

2017 RAPTOR 4×4 SUPERCREWにご興味をお持ちの方は是非、お問い合わせください。Garage弦巻にて輸入致します。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合は、お手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆6月13日の展示車両☆

1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2016.10.17
テーマ:車両紹介

ご来店いただいたお客様の愛車Land Cruiser 60です。

DSC08293
普段接しているクルマのせいもありますが、この辺りのクルマを見るとだいぶ新しい感じがしてしまいます。しかしこのロクマルは1989yモデルということで27年ものなんですね…。アメリカより輸入された左ハンドル車です。

DSC08289
内装もいい状態で残されていました。

DSC08290
走行距離は約17万mileとういことなので約27万kmを走破したことになります。それでもランクルはまだまだ現役。シッカリとメンテナンスを行えばこれからも問題なく楽しむことができますね。
実は、オーナーさんはこのロクマルよりも若いんです。若者のクルマ離れ…と何かといわれる昨今ですが、こういう方に出会えると嬉しいですね。当店で仕上げたBroncoのクォリティを気に入っていただき、整備等のご相談にいらっしゃいました。いつかはBroncoを!ともおっしゃっていたのですが楽しみですね~。


アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆10月18日の展示車両☆

160906

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger(Wimbledon White)

1975 Ford Bronco Ranger(Glen Green)

1975 Ford Bronco Ranger(Hot Ginger)

1977 Ford F-150

1988 Chevrolet K-5

2016.09.23
テーマ:車両紹介

今日は当店のストック車両1977 Bronco Sport Special Decor Group(SDG)を改めてご紹介したいと思います。

DSC07959
DSC07972
DSC07974
こちらが1977 Bronco Sport SDGです。SDGは1977yモデルにのみ設定されたとても貴重なパッケージングで、ブラックアウトされたフロントグリル、ボディ同色のハードトップ、デカールなどがパッケージングに含まれています。ボディカラーはVista Orange、デカールはホワイトです。そして、この個体はほとんどがオリジナルペイントを残しており、デカールも当時のまま。若干ひび割れなどもありますが、それがまたこのBroncoの雰囲気を高めています。

DSC07962
デカールはボンネットからボディサイドを走りテールまで続いています。このデカールデザインはなかなかカッコいいので他の年式のBroncoにも貼られているのを見かけることがあります。

DSC07963
そして、今回は今までつけていたものとは違うタイプのハブキャップを装着してみました。これは1977yモデル以降のFordに用意されていたものです。Broncoでも選ぶことができたようです。いつも見慣れたデザインのハブキャップとは雰囲気がガラリと変わりますね。スポーティな感じでSDGに似合っていると思います。

Early Bronco、アメリカにはまだそれなりに数は残っていますが納得のゆくコンディションを持った個体、特にこのSDGのようなBroncoにはそうそう出逢えることができません。

1977 Bronco Sport SDGの詳細はBronco RanchのHP内INVENTORYにてご覧いただけます。



アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆9月24日の展示車両☆

160906

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger(Wimbledon White)

1975 Ford Bronco Ranger(Glen Green)

1975 Ford Bronco Ranger(Hot Ginger)

1977 Ford F-150

1988 Chevrolet K-5

2016.08.25
テーマ:車両紹介

改めまして、多くの方にご興味をお持ちいただいている1975 Bronco Ranger “Glen Green”をご紹介したいと思います。

gg314
gg316
こちらが当店のストック車両1975 Bronco Ranger “Glen Green”です。カリフォルニア州オンタリオからやってきました。

gg315
淡い色味が特徴的なGlen Greenのボディカラーを持つ1975 Bronco Wagonはわずか290台が生産されたのみ。これだけでも貴重な存在ですが、さらにGlen GreenとRanger Packageの組み合わせはこのBroncoのみという奇跡の1台です。

gg319
gg320
gg318
前オーナーが大切に扱ってきたこともあり、エクステリア&インテリアともにオリジナルコンディションがとても良い状態で残されていました。特にインテリアのコンディションは特筆ものです。

gg321
Ranger Packageならではのチェック柄のファブリックも一部ほつれががありましたがそれ以外はノーダメージ。今回はほつれ部分を直し、オリジナルのマテリアルを活かして仕上げています。

gg322
リアのクォーターパネル、カーペットなども良い状態です。カーペットは前オーナーにより張り替え済みでクリーンなコンディションを保っています。もともとの状態が良く、貴重なオリジナルパーツが数多く残されていたので、今回はシートフォームの交換などのリファインを中心に作業を行いました。

gg327
エンジンはオリジナルの302cid V8をオーバーホールしています。スムースかつパワフルな走りが楽しめる仕上がりとなりました。

gg324
gg325
gg326
駆動系、サスペンション、燃料系といったパーツを全て外して仕上げた下まわり。シールやブッシュ類などの消耗品も交換し新車にも負けないコンディションに仕上げています。

1975 Bronco Rangerの詳細はINVENTORYでご覧いただけます。

また、カリフォルニア&ガレージ弦巻での作業の模様は、Bronco RanchのHP内RESTORATIONでご覧いただけます。
ぜひ覗いてみてください。

1975 Bronco Rangerはガレージ弦巻にて展示中ですので、ご来店いただき実車の雰囲気を感じて下さい。


アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆8月26日の展示車両☆

160809

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger(Wimbledon White)

1975 Ford Bronco Ranger(Glen Green)

1977 Ford Bronco Sport SDG

1977 Ford F-150

1988 Chevrolet K-5

2016.07.11
テーマ:車両紹介

本日はストック車両の1972 Bronco Pickupをご紹介します。

DSC08811
DSC08864
こちらが1972 Bronco Pickupです。カスタムされて後々Pickup化されている個体が多い中で、このBroncoはオリジナルでラインオフされた時からこのスタイルを保っています。ボディカラーはMallard Green。深みのある色味が特徴です。ベーシックグレードならではのウィンブルドンホワイトでペイントされたグリルやルーフとの相性もいい感じです。
アメリカでの40年間をひとりのオーナーの下で過ごしたこのPickup。国内でもまだ未登録ですので、次のオーナーがセカンドオーナーとなります44年前のクルマのセカンドオーナーって、なかなかなれるものではありません…。

DSC08824
Pickupのハーフキャブボディになると、Broncoの可愛らしさがより際立つスタイルになります。

DSC08831
ベースグレード故、ベーシックなスチールホイール使用です。アンカットフェンダーのラインが美しいですね。Early Broncoの大きな特徴のひとつです。このオリジナルボディが残っているだけでも、今では貴重な存在なんです。

DSC08879
テールゲートに入る”FORD”レターもウィンブルドンホワイト仕様。

DSC08871
ベッドはコーティングしてありますので、汚れを気にせずなんでも積んでいただけます。これからの季節、海へ山へと遊びに出かけるにもピッタリの1台ですね。

DSC08859
DSC08856
インテリアはパーチメント仕様です。

DSC08876
DSC08872
下まわりは各ブッシュ類など消耗品の交換ののち、クリーニングを行いパリッとした仕上がりとなっています。

DSC08819
エンジンはオリジナルの302cid V8を搭載。このトルクフルなエンジンと3速M/Tの組み合わせでスムースな走りを実現しています。

1972 Bronco Pickupは現在ガレージ弦巻にて展示中ですので、ぜひご自身の目でこの可愛らしいPickupをご覧ください。
また、詳細はBronco RanchのHP(http://bronco-ranch.com)にてご覧いただけます。

Engine:302cid(4,948cc)
Transmission:3MT
Body Color:Mallard Green
Trim Color:Parchment
Price:¥4,000,000+TAX


アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆7月12日の展示車両☆

160706

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1972 Ford Bronco pickup

1975 Ford Bronco Ranger(Wimbledon White)

1975 Ford Bronco Ranger(Glen Green)

1977 Ford F-150

1988 Chevrolet K-5

2016.03.14
テーマ:車両紹介

160314写真(1)
撮影を終えPageを出発した1974 Bronco Rangerは約5時間のドライブの後、旅の中継地であるラスベガスへと戻って来ました。

160314写真(2)
翌朝、ハーレーファンの間で聖地となりつつあるハーレーショップに立ち寄りました。こちらの”Welcome Las Vegas” サインは至近の距離にあるサインのレプリカです。

160314写真(3)
こちらが元祖”Welcome Las Vegas” サインです。この場所は観光名所となっており、多くの人々がラスベガスを訪れた記念に写真を撮りに立ち寄ります。この日もプレスリー”レプリカ” が営業活動に勤しんでいました。

160314写真(4)
“Welcome Las Vegas” サイン脇には駐車場が併設されており、簡単に立ち寄れるようになっているのです。

160314写真(5)
そしてこのサインの向かい側はラスベガスの玄関口であるマッカラン国際空港で、間近で駐機されているプライベートジェットを見学することも出来ます。クロームメッキが施された豪華なプライベートジェットを眺めていると改めてこの国の豊かさを感じることが出来ます。

160314写真(6)
着陸寸前のサウスウェスト機とブロンコのツーショットです。滑走路が市街地と近いためタイミングによっては迫力ある写真を撮影することが出来ます。

160314写真(7)
そして最後にShelby Museumに立ち寄り、今回の旅を締めくくりました。

160314写真(8)
160314写真(9)
ラスベガスを起点に約10日間かけてモニュメントバレーとペイジを回った今回の旅ですが、とても充実した内容となりました。どんなロケーションにもブロンコはよく似合い、改めてブロンコが生まれた地”アメリカ” について知ることが出来ました。

今後も「Vintage Meets Outdoors」の精神の元、様々なロケーションへとブロンコを連れ出したいと思います。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆3月15日の展示車両☆

160307

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger(Wimbledon White)

1975 Ford Bronco Ranger(Glen Green)

1977 Ford F-150

1988 Chevrolet K-5

ぜひお越しください♬♩

2016.03.12
テーマ:車両紹介

160312写真(1)
本日はペイジの町をご紹介します。理由は不明ですがペイジのガスステーションは独立系ばかり。こちらは”Red Mesa EXPRESS” 、名前が示す通りこの地域独自のブランドなのでしょう。

160312写真(2)
ペイジの町自体は寂れた小さな町といった印象なのですが、町の周辺には一度は訪れたい有名スポットばかり。代表格がこちらのアンテロープキャニオン。風と水によって創られた幻想的な世界が広がっていました。

160312写真(3)
コロラド川も必見のスポットが何カ所もあります。

160312写真(4)
必ず訪れたいのがこちら、ホースシューベンドです。断崖絶壁から望むコロラド川は迫力満点でそのスケールの大きさに唯々驚かされました。

160312写真(5)
グレンキャニオンダムもカールヘイデンビジターセンターにて見学することが出来ます。ダムの建設に際しての歴史を知ることが出来ます。

160312写真(6)
レイクパウエルではこのようなビーチ状の場所が所々に点在しておりウォーターレジャーも楽しめそう。

160312写真(7)
水もご覧の通りの透明度。夏になるとボートをトーイングした人々で賑うのも頷けます。

160312写真(8)
こちらのコロラドリバーディスカバリーでは様々なパッケージツアーを販売していました。

160312写真(9)
併設されているカフェ、”The River End Cafe” はおそらく町で一番のカフェでした。

160312写真(10)
そして一際目を引くレストランがこちら、”BIG JOHN’S TEXAS BARBEQUE” です。

160312写真(11)
ガスステーションを改装したこちらのレストランは屋内でも食事を楽しめますが、お勧めは断然、屋外。カントリーのライブを聴きながらテキサススタイルのバーベキューを楽しむことが出来ます。

160312写真(12)
オーダーしたのはもちろん、ポークバックリブ。低温で長時間ローストされた肉は柔らかくソースも染み込んでいてまさに絶品でした。

160312写真(13)
肉は屋外に設置されたグリルで豪快にロースト。煙突に装着されたマフラーカッターがいかにもアメリカンですね。こちらのレストランは4年前にグランドキャニオンサウスリムやセドナのベースタウンであるフラッグスタッフから引っ越してきたとの事。しかし早くも町の人気スポットとなっているようで、ペイジを訪れた際は是非とも立ち寄りたいレストランです。

こうしてペイジでの撮影を終えた’74 Bronco Rangerは旅の中継地、ラスベガスを目指して出発しました。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆3月14日の展示車両☆

160307

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger(Wimbledon White)

1975 Ford Bronco Ranger(Glen Green)

1977 Ford F-150

1988 Chevrolet K-5

ぜひお越しください♬♩

2016.03.10
テーマ:車両紹介

160310写真(1)
ペイジでの撮影2日目、場所をレイクパウエルが見渡せる高台に移動し撮影を続けました。

160310写真(2)
引き続き雑誌用に東吉さんとブロンコとのツーショット写真を撮影していきます。

160310写真(3)
160310写真(4)
ワーウィープマリーナを見下ろすこちらの高台は普段は人気のシーニックポイントなのですが、早朝という事もあり人影はまばらで平穏の中、撮影を行うことが出来ました。

160310写真(5)
レイクパウエルとは逆側にはこのような広大な風景が広がっています。アメリカの原風景がそこにあるのです。

160310写真(6)
160310写真(7)
この日は前日の風も収まり、レイクパウエルの湖面は鏡のような状態でした。

160310写真(8)
160310写真(9)
その後、ワーウィープマリーナ内へと移動し、撮影を続けました。

160310写真(10)
そしてホテルの駐車場にて雑誌用の撮影を行い、ペイジ&レイクパウエルでのすべての撮影を終えたのでした。

次回は番外編としてペイジの町をご紹介します。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆3月11日の展示車両☆

160307

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger(Wimbledon White)

1975 Ford Bronco Ranger(Glen Green)

1977 Ford F-150

1988 Chevrolet K-5

ぜひお越しください♬♩

2016.03.07
テーマ:車両紹介

150307写真(1)
ペイジでの撮影2日目、早朝から前日までに決めておいた撮影ポイントへ移動しました。

150307写真(2)
そして一日遅れでモニュメントバレーからペイジへと到着した木村東吉さんと合流し撮影開始です。まずは雑誌用にブロンコと木村さんのツーショットを撮影します。

150307写真(3)
しばらくすると木村さんが湖面に向けて歩き出し何やら地面のチェックを始めました。そしてより臨場感のある画を撮るため、湖面に近い岩場の部分にブロンコを移動する案を提案して頂きました。

150307写真(4)
そして無事にブロンコを移動しました。

150307写真(5)
先ほどよりも湖面が近くなりより迫力が増しました。

150307写真(6)
150307写真(7)
絵になりますね~。ロケーションもさることながらアウトドアの男、木村さんならではのカットですね。

150307写真(8)
グレンキャニオンの赤褐色の岩肌はSandpiper Yellowに本当によく似合います。

150307写真(9)
美しい風景にブロンコが溶け込んでいますね。

150307写真(10)
そして木村さんによるビデオ撮影も続行され早朝の撮影は無事に終了しました。

引き続き、Lake Powellでの撮影の様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆3月8日の展示車両☆

160307

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger(Wimbledon White)

1975 Ford Bronco Ranger(Glen Green)

1977 Ford F-150

1988 Chevrolet K-5

ぜひお越しください♬♩

12345...10...