BLOG

2021.01.18

本日は引き続き、1973 Bronco Ranger (Midnight Blue)号のフロア貼り替えの様子をご紹介します。先週の仮留めの状態から、本溶接されています。まずはリア廻り、フューエルフィラーネック及びエクステンションパネル部分です。こちらはドライバーサイドです。

そしてこちらはパッセンジャーサイドです。こちらもしっかりと溶接されています。

フロントサイドのエクステンションパネルもしっかりと溶接されました。

フロントフロアパネルとエクステンションパネルの連結部分もしっかりと溶接されています。

フロアパンとトランスミッショントンネルも本溶接されました。こちらはドライバーサイドです。

そしてこちらはパッセンジャーサイドです。

フロントサイドのすべてのパネルがしっかりと溶接されました。

引き続き、1973 Bronco Ranger (Midnight Blue) のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

2021.01.17
テーマ:整備

レストアプロジェクトを進めている1966 Broncoの作業の模様をお伝えします。

準備の完了した燃料タンクをBroncoに搭載します。

燃料タンク搭載の前に、タンクが載ると手が届かなくなる部分に増しシャーシーブラックを塗布して仕上げを行います。

こちらはまさに燃料タンクが収まる部分。フロア、そしてフレームなどシャーシーブラックの塗布が完了しました。

燃料タンクの搭載が完了しました。

燃料タンクにも仕上げのシャーシーブラックを塗布して…

燃料タンクガードを取り付けて作業完了です。

引き続き、1966 Broncoのレストア作業の模様をお伝えします。


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

2021.01.16
テーマ:整備

昨年末オイル交換でご来店された、W様の1979 K-10です。

日々のボディメンテナンス、そして駐車中はボディカバーを被せていることもあり、ミスティックシルバーのボディはいつ見ても美しく輝いています。

また、オイル交換などの作業で定期的に来店してくださるので、都度クルマの状態を確認することもできています。しっかりと走らせて、しっかりとメンテナンスを行う…クルマのコンディションをいい状態で保つ秘訣です。
W様、ありがとうございました!


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

2021.01.15

レストアプロジェクトを進めている、1966 Broncoの作業の模様をお伝えします。

整備のために抜いていたオイルを各部に充填しています。


トランスファオイル


そしてフロントのディファレンシャルオイルです。

続いて燃料タンクの準備を開始。メンテナンスの終了したタンクをシャーシーブラックでペイントし、新しいセンディングユニットを取り付けました。


フューエルフィラーホースとベントホースも新品を取り付けて、燃料タンクの準備完了です。

引き続き、1966 Broncoのレストア作業の模様をお伝えします。


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

2021.01.14

2014年8月、’69 Winning Racerはある目的のためにエクステリアペイントをリニューアルすることになりました。

ブロンコレーサーはハードトップを持たないロードスタースタイルである為、エクステリアカラーのリペイント作業はワゴンボディのブロンコと比較すると遥かに簡単です。

2010年のNORRA Mexican 1000レース出場前に施されたペイントは、1972年のNORRA Mexican 1000出場時のカラーリングをベースに施された物でしたが、当時の写真からの情報を基に調合されたメタリックブルーペイントが実際のメタリックブルーよりもかなり薄いブルーであったことが判明しました。


古いペイントを剥離する過程で現れたペイントの層によって、新しく塗られたメタリックブルーペイントが古いペイントよりもだいぶ薄いことが確認出来ます。このペイントの層は、この個体が由緒正しいブロンコレーサーであることを物語っています。

古いペイントが剥がされプライマー処理が施されていきます。

引き続き、1969 Winning Racerのヒストリーをご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ