1967 Bronco “Baja” Roadster レストアプロジェクト

2018.09.18

本日は先週に引き続き、’67 Bronco “Baja” Roadsterのレストアプロジェクトをご紹介します。

不要なボルト穴を埋める作業が行われた後、ボディ全体にブラスト処理が施され、更にレストア用のシャシーに載せ替えられた’67 “Baja” Roadsterです。再びボディショップへと戻って来ました。

フロアパンを始め各フロアパネルはとてもソリッドな状態です。製造から既に50年以上が経過したオリジナルパネルということを考えると、エクセレントコンディションと言えると思います。

ファイアーウォールパネルもマスターシリンダーからの液漏れによる腐食なども一切無く、とてもクリーンな状態です。


インナーエプロンや各ドアポストもソリッドな状態です。

ドライバーズサイドのリアフェンダーパネルや、


テールライドハウジングなど修正が必要な箇所は限られています。全体的に見るととてもソリッドな状態で、イージーレストアな個体です。

引き続き、”Baja” Roadsterのレストアプロジェクトをご紹介してまいります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆9月18日の展示車両☆

1975 Ford Bronco Ranger
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2018.09.10

本日は先週に引き続き、’67 Bronco “Baja” Roadsterのレストアプロジェクトをご紹介します。


先週の段階で、ボディワークに向けてボディショップへと入庫していた “Baja” Roadsterです。


この後予定されているブラスト処理に向けて、まずは前オーナーがモディファイした際に開けられた様々なボルトホールの穴埋め作業を行っています。


オリジナルのボルトホールを残し、ハードトップを装着した際に開けられたボルトホールなど不要な箇所を穴埋めしていきます。

フロアパネルも同様に穴埋め作業を行っていきます。

社外品のシートを取り付けたり、センターコンソールボックスが追加された痕跡を見て取ることが出来ます。

錆一つないフロアパンを見るとこの個体の状態の良さを改めて確認することが出来ますね。前オーナーによって塗られたメタリックブルーのペイントがコーティングのような役割を果たしていたのかもしれません。

引き続き、”Baja” Roadsterのレストアプロジェクトをご紹介してまいります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆9月11日の展示車両☆

1975 Ford Bronco Ranger
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2018.09.03

本日は先週に引き続き、’67 Bronco “Baja” Roadsterのレストアプロジェクトをご紹介します。

先週からボディワークに向けて各パーツの取り外し作業が行われている”Baja” Roadsterです。

ラジエターが外され、バッテリーなどの電装パーツが取り除かれました。

配線が外された状態のインナーフェンダーエプロン部分です。とてもソリッドな状態を保っています。


フェンダーエプロンのブラケット部分にもオリジナルのポッピーレッドのペイントが残ります。


シフターはフロアに移設されていますが、これも’67年当時の貴重なパーツです。今回のプロジェクトではこういったパーツも含めて”Baja” Roasdsterとしてレストアを行います。


外せるパーツは外された状態になり、ボディショップへと運び込まれました。この後、不要なボルト穴を塞ぐ作業を行い、ブラスト加工をボディ全体に施す予定です。

引き続き、”Baja” Roadsterのレストアプロジェクトをご紹介してまいります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆9月4日の展示車両☆

1975 Ford Bronco Ranger
ぜひお越しください♬♪

2018.08.27

本日は先週に引き続き、’67 Bronco “Baja” Roadsterのレストアプロジェクトをご紹介します。

レストアを担当するノーザンカリフォルニア在住のN氏の工房に収まった、”Baja” Roadster、まずはボディパーツを外す作業からスタートしました。

まずは全てのシートが外され、ロールケージが外されました。そしてカーペットが剥がされフロア上に何も無い状態となりました。そしてRoadster特有のパーツである、左右のファイバーグラス製ドアインサートが外されました。


ドアインサートを外して見ると、オリジナルのPoppy Redのペイントが現れました。このドアインサートはリペイントされた際も取り外されることがなかったようです。そしてそこには長い年月によって堆積した埃が乾燥した泥のような状態で見つかりました。しかしロッカーパネルやドアピラーポストに錆はなく、ソリッドな状態を保っていました。この個体の保管状況の良さを物語っています。


腐食しがちなフロアパンとフロアボードを繋ぐ各エクステンションパネルにも錆は見当たりません。


ドア廻りから各フロアはとてもソリッドな状態であることが確認出来ました。


次に各パネルに開けられたボルト穴の確認を行います。どのボルト穴がオリジナルのものかを一つずつ確認して行くのです。今回のレストアプロジェクトでは1stオーナーがこの個体を”Baja” Roadsterへとモディファイした後の姿への復旧を目指します。フォードディーラーのパーツマネージャーだっただけに、当時のFord Truck Accessories Bookletに記載されていたほぼ全てのパーツを装着した痕跡があり、工場出荷後に多数のパーツがインストールされているため、1967年から68年にかけての状態を見極めるために慎重な作業が求められるのです。

引き続き、”Baja” Roadsterのレストアプロジェクトをご紹介してまいります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆8月28日の展示車両☆

1975 Ford Bronco Ranger
ぜひお越しください♬♪

2018.08.20

本日は先週に引き続き、’67 Bronco “Baja” Roadsterのレストアプロジェクトをご紹介します。

先週までにこの”Baja” Roadsterがオリジナルオーナーの元に納車され、多数のShelbyパーツとStroppeパーツが組み込まれ、”Baja” 仕様へとモディファイされた過程をご紹介しました。本日はその後の”Baja” Roadster についてです。

モディファイを終えた”Baja” Roadster は1stオーナーによって、彼の妻や家族、友人らと共に数年間の間、シエラネバタやSo Calデザートの4wheelアドベンチャーに持ち込まれました。様々なローケーションでオフローディングを楽しんでいたのです。今でこそ普通ですが、1967年の時点ですでにブロンコはこういったアウトドアライフのツールとして使われていたのです。元祖SUVと言われる所以です。

その後、1970年に1stオーナーはNorthern Sierrasに位置するQuincyという町に引越し、地元のフォードディーラー、Quincy Motor Salesにパーツマネージャーとして就職しました。

引越すとすぐに彼は雪の降るノーザンカリフォルニアの気候が”Baja” Roadster に適していないことを悟り、ファイアーウッドを積めるピックアップトラックへの乗り替えを決意し、この”Baja” Roadster を同僚のQuincy Fordのセールスマネージャーへと売却したのでした。

現在でもこの”Baja” Roadster がQuincy Fordのライセンスプレートフレームを付けているのは、Quincy Fordのセールスだった2ndオーナーによって取り付けられたためです。もちろんこの”Baja” Roadster がデリバリーされたCALIFORNIA MOTORSのフレームも保存されていますが。2ndオーナーは暫くすると、QuincyからSanta Cruz,CA へと引越し、サンドバギーの聖地であるPismo Beachを頻繁に訪れるようになりました。その頃、この”Baja” Roadster は2ndオーナーによってフロントアクセルがDana30からより強いDana44へと換装され、Headersやトラクションバーなどが追加されるモディファイを受けています。

’80年代に入ると2ndオーナーはSanta CruzからEtna, CAへと引っ越しました。この頃になると”Baja” Roadster のペイントは色褪せ、ソフトトップは劣化して解れてしまったことから、彼はハードトップを載せ、リペイントすることを思いついたのです。こうして”Baja” Roadster にはハードトップが載せられ、何故、このペイントスキームが選ばれたのかは定かではありませんが、メタリックブルーとグレーのツートン、即ち、現在の状態へと姿を変えたのでした。

その後、数年の間、この2ndオーナーのガレージに眠っていた”Baja” Roadster はフロアパンに錆一つないソリッドな状態を保ったまま、3rdオーナーに引き継がれ、姿を変えることなく、2016年に私共の元へとやって来たのでした。

引き続き、”Baja” Roadsterのレストアプロジェクトをご紹介してまいります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆8月21日の展示車両☆

1975 Ford Bronco Ranger
ぜひお越しください♬♪

2018.08.13

本日は諸事情により、なかなかレストアプロジェクトを始められずにいた、’67 Bronco “Baja” Roadsterのレストアプロジェクトをご紹介します。

ノーザンカリフォルニアのN氏の下でこの度、晴れてレストアプロジェクトをスタートさせることになった、’67 Bronco “Baja” Roadsterです。

レストアプロジェクトをスタートさせるにあたり、今回は改めてこの個体のストーリーをご紹介したいと思います。まずはこの個体が何故、”Baja” Roadsterと呼ばれているのかについてご説明します。この個体のオリジナルオーナーは、Cort Fox Ford、現在のHollywood Fordのパーツマネージャーでした。彼は’66年式のブロンコを試乗した際、170cidストレートシックスエンジンの非力さに落胆し、ブロンコの購入をためらっていたそうです。そんな折、289cidのV8エンジンがオプションで設定されたことを知った彼は資金を貯め、1967年4月にこのブロンコをGlendale, CAのCalifornia Motorsでオーダーしました。

なぜ自分が勤務していたCort Fox Fordではなく、California Motorsでオーダーしたのかですが、知り合いだったCalifornia Motorsのフリートマネージャーが自分の勤務先であるCort Foxよりもより良い条件を提示したためだったそうです。

オーダーから2か月後の1967年6月、オリジナルオーナーはCalifornia MotorsでこのBronco Roadsterを受け取るとすぐに入手しておいたShelby Hipo 289 Partsを組み込みました。その内容ですが、インテークマニホールド、ヘッド、キャブレター、エアクリーナー、バルブカバーなどです。記録によるとその時のオドメーターはたったの50マイルだったそうです。要するに新車時にFordのディーラーマンによってエンジンがハイパフォーマンス化されていたのです。

彼はエンジンのハイパフォーマンス化が済むとすぐに、このブロンコをHolman and Moody-Stroppeのショップへと持ち込み、15×8のスティールホイール、ゲーツコマンドタイヤ、フェンダーフレア、ロールバーなどを装着し、フロントダンパーはステーが追加されデュアル化されました。オフロードレーシングの創成期とも言える1967年に、その後の1971年に発売されるBaja Broncoとほぼ同じスペックのカスタムが施されていたのです。以上がこの個体が “Baja” Roadsterと呼ばれる所以です。この個体の特筆すべきは、新車時に装着されたShelby製のHipoパーツやStroppeのパーツがすべて保たれていることで、Baja Broncoマニアの間では伝説のRoadsterという位置付けを獲得しているほど貴重な個体となっています。

装着されているステアリングホイールも1967年当時に装着されたもの。1967年当時はパッドではなくラバー製のステアリングホイールでした。

N氏の工房に入り、レストアプロジェクトの開始を待つ、”Baja” Roadster、次回もこの個体のストーリーについてご紹介します。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆8月17日の展示車両☆

1975 Ford Bronco Ranger
ぜひお越しください♬♪

2018.01.08


昨年8月にスタートさせた、1967 Bronco “Baja” Roadsterのレストアプロジェクトですが、ある事情でプロジェクトを中断し、レストアを依頼していたノーザンカリフォルニアのN氏の工房から、我々のLAの拠点へと帰って来ていました。そのある事情というのが昨年9月に発生したSanta Rosa,CAでの山火事だったんです。N氏の工房から8マイル先にまで火の手が迫っていたため、一時避難させていたという訳です。


Santa Rosaの町に甚大な被害をもたらした今回の山火事でしたが、幸いなことにN氏の工房は無事でした。山火事も鎮火し、この度、再びN氏の工房を目指して出発しました。


Santa Nella,CAにて休憩をとりさらに北を目指します。


そして無事にN氏の工房へと到着しました。


N氏の工房では同じエクステリアカラーを持つブロンコと遭遇しました。気になる一台ですね~。



オリジナルカラーであるPoppy Redへと戻す作業からプロジェクトが再開されます。

引き続き、1967 Bronco “Baja” Roadster レストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆1月9日の展示車両☆

1968 Ford Bronco Sport “Camper Package”
1975 Ford Bronco Ranger
ぜひお越しください♬♪

2017.08.21

本日は新たにスタートさせるレストアプロジェクトをご紹介します。


題材となる個体がこちら、1967 Bronco “Baja” Roadsterです。


こちらの個体は希少な1967モデルのV8 Bronco RoadsterをベースにStroppeのオリジナルパーツをふんだんに使いモディファイされた1台です。約1年前に入手していましたが、レストア作業の順番待ちのため、弊社のLA倉庫に保管されていました。


そして遂にレストアを開始する手はずが整い、倉庫から出されたという訳です。早速、トレイラーに載せられ作業を担当するノーザンカリフォルニアのN氏の元に向けて出発します。


ちなみに今回レンタルしたU-Haulのトレイラーも真っ新な新車でした。これで2回連続です。


途中、Santa Nella, CAに給油のため立ち寄り、更に北へと向かいます。


そして無事にN氏の工房に到着しました。


この個体の詳細については次回以降に詳しくご紹介致します。

引き続き、1967 Bronco “Baja” Roadsterのレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆8月22日の展示車両☆

1977 Ford F-150 White
1972 GMC K-10
ぜひお越しください♬♪