event

2017.08.20
テーマ:event

本日はFabulous Fords Forever 2017(FFF)の模様をお伝えします。



本日のトップバッターは、1974yモデルです。しかも、とても貴重なボディカラーRaven Blackをまとった1台です。内外装ともにいいコンディションを保っているだけに、ストックボディではないのがとても残念ですね。このBroncoのオーナーもRaven Blackが貴重なことを重々承知しているらしく、”Original Raven Black Body!”とかなりアピールしていました。FFFの常連で毎年参加しているBroncoです。ウインドウステッカーによると当時の販売価格はオプション込で$5,172.46でした。



続いては、大胆なカスタマイズが施されているBroncoです。切りっぱなしのフェンダーに、35インチサイズのタイヤを10Jのビードロックホイールに組み込んで装着。ボディからのはみ出しっぷりもなかなかのものです。ロッカーパネルはカットされ、ガードが取り付けられていました。前後バンパーは交換され、リアバンパーはキャリア付きタイプです。予備の燃料やクーラーボックス、スペアタイヤなどを搭載できますね。さらに、6Pロールケージの上にはルーフラックも装備。かなりの積載能力を持ち合わせていますが、モアブやルビコンなどといったロングトレイルに出かけることが多いのでしょうか。


詳細は不明ですが、エンジンは高年式の302cidに換装されていました。電装系、冷却系にもしっかりと手が入っています。ブレーキはハイドロブースト式のパワーブレーキを装備。最近はこの手のパワーブレーキを装備するBroncoが増えていますね。



エンブレムを見る限り、289cid V8エンジンを搭載した貴重な1台です。基本的にはベーシックグレードのオリジナルスタイルをキープしつつ、グリルガードやトレイラーヒッチなどの装備を追加。ヘッドライトガードはBroncoで装着しているのは珍しいですね。インテリアはオリジナルの状態がキープされていました。リアヒッチはヒッチボールを取り付けるタイプだと思いますが、あまり見たことのないスタイルです。

引き続きFabulous Fords Forever 2017の模様をお伝えします。


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆8月21日の展示車両☆

1977 Ford F-150 White
1972 GMC K-10
ぜひお越しください♬♪

2017.08.13
テーマ:event

本日はFabulous Fords Forever 2017(FFF)の模様をお伝えします。



本日のトップバッターは、深みがあり美しく輝く青いボディを持つ1977yのBroncoです。3.5インチのリフトアップに、10Jのスロットマグホイール&33インチタイヤを合わせています。バンパーやホイールもピカピカに輝いていますね。


エンジンはHO 5.0に換装しています。最近はこのカスタマイズもかなり定番化していますね。


近くで見てみると、適度なラメも入っていました。見る角度によってキラキラと輝きます。ボディサイドに入るモールは、Broncoの純正よりも細身な他車用を流用しています。



続いては、ピックアップボディのBroncoです。こちらは2トーンのブルー系カラーでまとめられています。スティンガースタイルのフロントバンパーにロッカーパネルガードも備わっています。


ノーマルの状態でも狭いBroncoのエンジンルームですが、この個体はさらなるチューニングで文字通り手の入る隙間がない状態。電装系、冷却系、ブレーキまわりにもしっかりと手が入っています。GPSアンテナも積んでいました。


インテリアはまったく別物の作り。エンジンルーム内のGPSアンテナの正体は…このレーシングコンピューター用ですね。左右対称デザインのインストルメントパネルに、補機メーター類は中央に集約。走行時の主な情報はステアリング前方の液晶パネルに表示されるようです。



FRP製の前後ブリスターフェンダーにテイクオフスタイル、あまり車高を上げずにワイドトレッド化してサスペンションストロークを稼ぐカスタマイズ…Baja Racer仕様ですね。リアには2本のタイヤが収まるスペアタイヤホルダー兼バンパーが装着されていました。


FRP化されたリアフェンダーには灯火類が備わっておらず、テールランプなどはウィングの裏側に移設されています。荷台にはジャッキを積んで、その下に燃料タンクが設置されていました。


フレームと直結されるパイプフレームで強化されたエンジンルームには、チューニングエンジンが収まっていました。エンジンの素性はわかりませんでしたが、レーシーなは弾けるサウンドを奏でていました。


Broncoのストックフレームは残されていましたが、サスペンションタワーや各リンケージの補強など、下まわりにはかなり手が入っています。


サスペンションは定番のKING製。しなやかな動きで路面のギャップを吸収してくれます。最近ではリーズナブルなモデルも販売されていてKING製のサスペンションキットを組んでいるクルマも多いですが、やはり、KINGの真価が楽しめるのはダート路などのハイスピード走行ではないでしょうか。ボディは水平に動き、タイヤだけが上下に動いてギャップを吸収する、あのしなやかな動きは見ていて気持ちがいいですよね。

引き続きFabulous Fords Forever 2017の模様をお伝えします。


夏季休暇のお知らせ
Bronco Ranch及びGarage弦巻は8月11日(金)から8月16日(水)までを夏季休暇とさせていただきます。楽天ショップも同様に8月11日(金)から8月16日(水)までを夏季休暇とさせていただきます。
休暇中に頂きましたご注文・お問い合わせは8月17日(木)より順次ご対応させていただきます。よろしくお願いいたします。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆8月17日の展示車両☆

1977 Ford F-150 White
1972 GMC K-10
ぜひお越しください♬♪

2017.07.30
テーマ:event

本日はFabulous Fords Forever 2017(FFF)の模様をお伝えします。



本日のトップバッターは、カモフラージュペイントが施されているBroncoです。ベージュのボディの上に、オーナー自ら缶スプレーでペイントしたようです。前後にオフロードバンパーを装着。ロッカーパネルをカットして、新たにスチールパイプが取り付けてありました。ウインチを装備していることからも、このBroncoでオフローディングを楽しんでいることがうかがえます。エンジンフードはFRP製に交換されていました。



オフロードをひとっ走りしてきたかのような汚れっぷりのBronco。ボディリフトとサスペンションでリフトアップを施し腰高なスタイルを作り出しています。オーバーフェンダーも上限まで上げて取り付けられているので、腰高な印象がより強まっていますね。ボディ各所はカットされていたり、ガードが装着されていたり、そして凹んでいる箇所もあったりして、このBroncoもオフローディングの経験はかなりありそうです。


ドアはパイプフレーム仕様、シートはバケットスタイルでベルトは4点式に交換されています。ロールケージもしっかりと入っていて、万全の備えがされていますね。


エンジンは恐らくカスタマイズされたHOの5.0に換装されているのですが、全てをフードの下に収めるために、フードの一部がカットされていました。微妙にズレてますが…。



こちらは先に登場した2台より大人しめのBroncoです。リアフェンダーをカット&オーバーフェンダー化していますが、それ以外はオリジナルに近いコンディションを保っています。ロッカーパネルクロームトリムも残されていました。


リアのヒッチバーには鹿の頭が…。洒落っ気のある演出ですね。

引き続きFabulous Fords Forever 2017の模様をお伝えします。


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆7月31日の展示車両☆

1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.07.22
テーマ:event

本日はFabulous Fords Forever 2017(FFF)の模様をお伝えします。



前後バンパーを交換して、エンジンフードはFRP化。フェンダーはカットしたのちにオーバーフェンダーを装着して32インチサイズのタイヤを装着しています。ドアミラーの存在感がかなりありますね…。


リアバンパーはトレーラーヒッチ付きのものに交換されているのですが、ヒッチを利用したナイスアイデアがコレ。オーナのお手製テーブルです。これはとても便利そう。自分でも作ってみようかな。



続いては、イエローのボディが眩しいこのBronco。こういう鮮やかなカラーリングはカリフォルニアの青空に似合いますね。リアのパラソルもなかなか…。


グリル内もボディ同色ペイントです。エンジンフードはFRP製。ドーム部には穴が開いているのですが、エンジンルームに熱がこもりやすいBroncoには有効なカスタマイズだと思います。熱を逃がすこともできるし、冷えた空気を取り入れることもできますからね。


エンジンはオリジナルの302をベースに、各部に手が入っているようです。


オーバーフェンダーはフェンダーと一体の叩き出し仕様。なかなかいい出来映えです。


インストルメントパネルはアルミパネルで作り替えられていました。オリジナルとは全く違う見た目なので好みの問題はあると思いますが、スイッチやメーターが整然と並ぶ様はレーシーな雰囲気でカッコいいですね。



スッキリとしたまとまり感のあるBroncoです。前後バンパーはパイプをうまく加工して作られています。フロントバンパー内にはウインチも装備していました。ルーフトップが装備された6Pロールケージにドアはハーフドア化。サイドシルガードも備わっていてこのままオフローディングを楽しめそうな1台でしたが、このコンディションから見るに、オフロードは未走行のようでした。

引き続きFabulous Fords Forever 2017の模様をお伝えします。


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆7月24日の展示車両☆

1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.06.23
テーマ:event

本日はFabulous Fords Forever 2017(FFF)の模様をお伝えします。


全体的にマット仕様になっていたBroncoです。パッと見、ドライブするのを敬遠してしまいそうなルックスですが、走る姿はなかなか軽快で、オーナーも「調子いいよ!」とサムアップしていました。6Pロールケージは自作のようで、この他にもBroncoのいたるところにオーナーの手によるオリジナルカスタマイズが施されていました。


数多くのBroncoの中にあっても、やはり存在感のあるBaja Broncoです。歴代オーナーの手によって各所モディファイされていました。こんもりと盛り上がっているフードの下には、どんなスペックのエンジンが収まっているのか気になります。5インチ程度のリフトアップを施したボディに35インチサイズのタイヤを組み込んでいました。



マッスルなスタイルに仕上がっているBronco Pickupです。ボディリフトとスプリングでリフトアップを施し、装着しているタイヤは37インチ。他の4×4同様、遂にBroncoにも大径タイヤのブーム到来でしょうか!? 前後オーバーフェンダーの取り付け位置を可能な限り上に持っていき、タイヤハウスのスペースを稼いでいました。全体的に綺麗にスッキリとまとめられています。


ホイールは8穴仕様になっていましたので、前後アクスルはヘビーデューティーなアフターパーツに交換されていますね。選んだホイールが純正風デザインのスチールホイールというところに、このBroncoオーナーのセンスを感じます。


豪快なハミタイ具合がいい感じ。迫力が増しますね。


インテリアもスッキリとした仕上り。ベンチシートがインストールされていました。

引き続きFabulous Fords Forever 2017の模様をお伝えします。


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆6月24日の展示車両☆

1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.06.11
テーマ:event

本日はFabulous Fords Forever 2017(FF)の模様をお伝えします。



ウインドウレスでスッキリとしたショルダーラインを持つBronco。ペイントも綺麗でした。フロントフェンダーを見る限り、エンジンはHO 5.0Lに換装されているようですね。リアフェンダーはカットしたのち叩き出しでオーバーフェンダー化されています。なかなか綺麗な仕上がりです。


6Pロールケージにルーフトップを張ったスタイル。最近はこのスタイルのBroncoが増えています。パイプ系も太くガッチリとした作りのロールケージはまさかのロールオーバーの際にもしっかりと乗員を守ってくれそう。しかも、フロントシートのすぐ後ろにもクロスバーが入っていました。


インテリアも綺麗にまとまっています。シフトレバーはフロア化、トランスファーレバーは2スティックに変更されています。インストルメントパネルを見る限り、1966yモデルのようです。



見るからにワイルドなBronco。かなりの頻度でオフローディングに出かけているようでした。サスペンションのみでリフトアップされたボディに、タイヤは37インチを履いています。エンジンフードと左右ドアはFRP化されていました。ルーフトップがボディ同色というのはなかなかお洒落ですね。このBronco、ワイパーは残されていますが、前出のBronco同様ウインドウレス仕様です。


FRP化されているドア。ドアノブすらありません…。


フロントブレーキのディスク化、ディファレンシャルカバー、トラッキングバーなどの他かなり手が入っています。



オリジナルのアンカットフェンダーを保っているBronco。FFのオフィシャルカメラマンのクルマでした。ボディ各所に残されているオリジナルペイントが残されているのをかなり自慢げに話していました。確かに、オリジナルペイントが残されているBroncoはとても基調です。


インストルメントパネルまわりもタコメーターの追加以外はオリジナルスタイルを重視しているようです。オリジナルの大径ステアリングにハーフムーンも残されていました。6Pロールケージやモケット仕様に張り替えられたシートなどが、エクステリアの状態にちょっと不釣り合いなBroncoでした。

引き続きFabulous Fords Forever 2017の模様をお伝えします。


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆6月12日の展示車両☆

1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.06.06
テーマ:event

本日はFabulous Fords Forever 2017(FF)の模様をお伝えします。



ウインドウを全て取り払い高い開放感を楽しめるであろうBroncoです。ペイントはマット仕様。フロントフェンダーの先端をカットして、大径タイヤとの干渉を防いでいますね。アプローチアングルも稼げます。サイドシル部はボディを切り取りスチールパイプでサイドシルガードを製作&取り付けしてありました。こんもりと盛り上がったフードの下には、元気なエンジンが収まっていそうです。



こちらもウインドウが全て取り外されている、ワイルドな仕様の1台。ビードロックスタイルのタイヤはなんと37インチを履いています。マット仕様の明細ペイントに、切りっぱなしの前後フェンダー、そしてボディ各所にはオフローディングで付けたであろう凹凸が多数残されていました。6Pロールケージ、そしてウィンドシールド上のLEDバーが似合っていますね。ウィンドシールドモール、そしてBronco Sportのエンブレムはしっかりと残してあるのがポイントでしょうか。


こちらはリアフェンダー。平らな部分がありません…。



カリフォルニアの青い空に似合うオレンジのBronco。やはりこちらもウインドウレスですね。ベントウィンドウもないので、ショルダーラインがスッキリとしています。こちらもタイヤは37インチを装着。昨今、オフロードタイヤは大径化の一途を妥とっていますね。前後オフロードバンパーに6Pロールケージ、そしてウインチも装備しています。リアはスペアタイヤがなくスッキリとしています。


サイドシルはカットしてスチールパイプでガードを製作。フレームオンでかなり強度がありそうです。


ラックはビキニトップの上からロールケージにマウントされていました。オフローディング時には十分な積載能力を発揮しそうです。

引き続きFabulous Fords Forever 2017の模様をお伝えします。


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆6月7日の展示車両☆

1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.05.23
テーマ:event

本日はFabulous Fords Forever 2017(FF)の模様をお伝えします。



深い色味の赤いボディに、その他のパーツ群をブラックでまとめているBroncoです。フロントにはウインチとドライビングランプを備えたアンチロールオーバーバンパーを装備。リアもヘビーデューティ仕様のスチールバンパーに交換されていました。サイドシルガードも装備。さらにパイプタイプのドアに変更し、ロールケージは6Pを組み込んでいます。ロールケージにはハイリフトジャッキが備え付けられていました。


インストルメントパネルはアルミプレートで作り直され、メーター類はストックスタイルを潔く取り払い、オートメーターを組み込んでいました。好みが分かれるところでしょうか、やはりストックスタイルが似合いますね、Broncoには。各電装系のコントロールスイッチもインストルメントパネル下にレイアウトされています。


全体的に綺麗にまとめられていたこのBronco。下まわりもクリーンな状態です。トラックバーやステアリングのリンク類、ディファレンシャルカバーもヘビーデューティ仕様へとコンバートされています。



エンブレムを信じる限り、Sportグレードをベースにしています。6Pロールケージにビキニトップを装着。ボディのオレンジ以外はマットブラックで統一されていました。ウインチを抱え込むようなデザインのパイプ製フロントバンパーが面白いですね。前面にはLEDバーランプを装備。このランプを装着しているクルマ最近増えていますね。室内には所狭しとトレイル用のギアが収納されていました。



先に紹介した2台のBroncoとは対照的に、ひとっ走りしてきたかのような使用感が漂っています。こんな雰囲気のBronco、個人的には好きですね。



ヘッドライトはLEDランプに変更。ウインチを装備したオフロードバンパーを装着しています。なんと、リアバンパーはメッキされていました。


下まわりも使用感タップリですが、ステアリングリンケージのHD化や、ステアリングダンパーのチョイスなどを見ると、なかなか気を遣って仕上げられているようです。

引き続きFabulous Fords Forever 2017の模様をお伝えします。


アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆5月24日の展示車両☆


1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.05.15
テーマ:event

昨日、5月14日(日)に、お台場で開催されたStreet Car Nationals(SCN)に行ってきました。

ギャラリーとしては何度も足を運んだことのある同イベントでしたが、今回はBronco4台での初エントリーとなりました。


まずは、弦巻閉店後にBronco出展に向けたメンテナンスを行いました。基本は洗車作業などなんですが、夜な夜なのクルマいじりはなかなか楽しいものです。



コチラが今回エントリーしたBroncosです。生憎の曇り空でしたが、赤系2台、イエロー系2台のBronco、なかなか目立っていました。

参加車両は…

K様の1974 Bronco Explorer


I様の1973 Bronco Ranger


当店メカニックM山の1972 Bronco Sport


そして自分の1973 Broncoでした。ビキニトップで参加しましたが、この日の朝はなかなか寒かったです…。


皆思い思いのディスプレイでギャラリーにアピール。足を止めてマジマジと眺めていくギャラリーも多く、エクステリアからインテリア、そして下まわりや細部カットまで撮影して行く方々もいました。興味を持ってもらえるのは嬉しいですね。

我々のBronco以外にも


ショップのマスコットとして活躍していた1977y Bronco。


Roadster仕様にカスタマイズされたBroncoがいました。こちらも1977yモデルですね。

その他個人的に気になったのが…

映画DEATH RACEに出てきそうなC1500ベースのカスタマイズドピックアップ


ステップサイドベッドを持ったF-150


なかなかのコンディションを保っていたC-1500


そしてDEUCE Coupeです。アメリカングラフィティを思い出しますね~。

今年は過去最高の1,000台を超えるエントリーとのことで、いつもより広いスペースにギッシリとエントリー車両が配置されていて、アメリカン、ドメスティック、そしてヨーロピアンまで様々なクルマを見ることができました。
来年はもっと参加台数を増やしてエントリーしたいですね!


アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆5月16日の展示車両☆

1977 Ford F-150 White

1972 GMC K-10
ぜひお越しください♬♪

2017.05.14
テーマ:event

本日はFabulous Fords Forever 2017(FF)の模様をお伝えします。


毎年FFの会場で出逢えるこのBronco、とにかくフレイムスの存在感がピカイチです。昨年は補修中だったドアミラーまわりも今回は完璧な状態でした。今年も家族連れで参加。このようなイベントに家族そろって参加できるのは素晴らしいことですね。


ことしも綺麗なフレイムスは健在。黄色も赤も眩しく輝いていました。


シンプルなカスタマイズでスッキリとした印象を与えるBronco。前後バンパーをより頑丈なスチール製のものに交換し、サイドシルガードを装着、リアフェンダーのみオーバーフェンダー化されています。エンジンフードにはガスダンパーを装着。Broncoのエンジンフードは重たいですからね…。


エンジンルーム内もワイヤリングやホース類の取り回しなど、綺麗にレイアウトされていました。オリジナルエンジンを活かしてスープアップされているようです。



ボディはもちろん、フロントバンパーやステアリング、ステアリングコラムまでイエローで統一されているBroncoです。屋根には収納式のテントを装備。オーナーと愛犬でしばしば旅に出ているようです。オーナー自身で製作したテントのベースフレームはロールケージにしっかりと連結されているので、テント積載時にはソフトトップを開けられないようですね。


もとはExplorerパッケージのようですが、今ではその特徴となる部分はほとんどみられませんでした。


エンジン内部やミッション&トランスファのギア比などにも手が入っていました。エアーコンプレッサーもエンジンルーム内にレイアウトされています。


このBronco、もとは写真の状態でした。この状態からガレージで現状まで仕上げられています。

引き続きFabulous Fords Forever 2017の模様をお伝えします。


アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆5月15日の展示車両☆

1977 Ford F-150 White

1972 GMC K-10
ぜひお越しください♬♪

12345...10...