event

2018.12.10
テーマ:event

本日は引き続き、2018 SEMA SHOWの様子をご紹介します。

まずご紹介するのがこちら、INTERNATIONAL HARVESTER SCOUTです。後期型のSCOUT Ⅱでしょうか。RAMPAGE製のスチールバンパーが迫力満点です。

BUSHWACKERのFENDER FLARESやAMP RESEARCH製のロッカーパネルなどで武装しています。トップはRAMPAGE製のMESH SHADEとのこと。

今年も展示されていたJEEPSTER。あまり知られていませんが、根強いファンを持つ乗用車的なジープなんです。こちらはHURST EDITIONとのこと。

こちらは”ハンドクラフトヘリテージジープ” をキャッチコピーに掲げるJEEP HERITAGEというショップによって展示されていたCHEROKEE CHIEFです。

オリジナルに忠実にレストアを行っているようです。

細部を見ていると弦巻の仕事に通じるものを感じました。クルマは異なりますが親近感が湧いてきます。

こちらは屋外に展示されていたKAISER JEEPです。迫力のオフローダー仕様ですが、綺麗に仕上げられています。

搭載されるエンジンはCHEVY製VORTEC V8です。ここまでやるなら、MOPAR製のエンジンを積んでもらいたいですね。

こちらはインドの自動車マニュファクチャラー、MAHINDRA社によるTHARというモデルです。ジープではありません。

2.5Lのディーゼルエンジンを搭載しているそうで、フレームを展示していました。洗練されていて、言われなければインドの会社だと気付かないかもしれません。

こちらはFOG LIGHTで有名なKC HILITESのブースに展示されていたMAHINDRAです。

CJではなくMAHINDRA THARです。

コックピットはとてもスパルタンで好感が持てますね。

引き続き、2018 SEMA SHOWの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆12月11日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1975 Ford Bronco Ranger
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2018.12.08
テーマ:event

本日は引き続き、2018 SEMA SHOWの様子をご紹介します。

本日はMOPARブースで気になったクルマをご紹介します。

ブースのエントランスに展示されていたのはこちら、Graveyard Carzによって製作された1964 Dodge A100 Pickup “Little Dead Wagon”です。

このシュールなネーミングといい、エクステリアカラーといい、この上なくイベント映えする1台です。


ここ最近のMOPARブースは他メーカーにはないセンスの良さを感じることが出来ます。


搭載されているエンジンはSupercharged 426 HEMIでその出力は驚愕の923馬力!とのこと。その大パワーを24インチワイドのスリックタイヤが路面に伝えるそう。

こちらはJeep Wagoneer “Road Trip” です。

このワゴニアのコンセプトは「イエローストーン国立公園での夏の家族旅行の懐かしい思い出」とのこと。

インテリアもオリジナルに忠実に仕上げられています。

リアシートには犬のぬいぐるみが。ノスタルジーを感じさせる微笑ましい展示でした。

こちらはBaja Desert RacersにインスパイアされたというJeep Sandstormです。

搭載されているエンジンは6.4LのMOPAR製V8エンジンとのこと。V8のWrangler、あったらそれなりに売れそうですね。

オフロードスタイルのドアミラーがアクセントになっています。

こちらはJeep Performance Partsによって展示されていた、2018 Jeep Wrangler Rubicon “Nacho” です。


エクステリアカラーはその名も”Nacho Yellow” とのことで、エクステリアパーツを中心にオリジナルパーツが装着されています。


サイドにはモデル名の”Nacho” ステッカーが貼られていました。

引き続き、2018 SEMA SHOWの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆12月10日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1975 Ford Bronco Ranger
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2018.12.06
テーマ:event

本日は引き続き、2018 SEMA SHOWの様子をご紹介します。

本日は会場に展示されていた、気になったCHEVY系のクルマをご紹介します。まずはこちら、K&Nのブースに展示されていたSILVERADOです。

素直にカラーリングがカッコいいと思える1台です。

組み合わされているタイヤ&ホイールも品があり好感が持てますね。

こちらはRING BROTHERSによって製作されたK5 BLAZERです。

彼らのエンブレムは最近、世間を騒がせている某メーカーの”R” エンブレムのようですが、オリジナルテイストを基本とする彼らのスタイルには好感が持てます。

エンジンは最新モデルのものにアップグレードされています。

オリジナルテイストを維持しながら、インチアップを果たしているこのスチールホイールはパワーアップに伴うブレーキシステムのアップデートには不可欠なアイテムなのでしょう。

こちらはGSIのブースに展示されていたGMC SUBURBANです。クリアペイントで保護されたパティーナスタイルです。

ロワードフレームを専門とする彼らのスタイルは一定の支持を得ているようです。


インテリアはオリジナルスタイルを基本に綺麗に仕上げられています。


こちらが彼らのロワードフレームです。完全受注生産とのこと。

こちらは本家CHEVROLETブースに展示されていた、1978 CHEVROLET K-10 SILVERADOです。

オリジナルに忠実にレストアされていますが、こちらもパワーアップに伴うブレーキシステムのアップグレードのため、ホイールはクラシカルなデザインの16×8インチサイズのものが採用されています。

搭載されるエンジンはL96 6.0L Crate Engineで4L70Eトランスミッションとの組み合わせ。


CHEVROLETもCrate Engineの展示に力を入れていました。FORD PARFORMANCEの影響であることは明らかです。

こちらはTrim Partsのブースに展示されていた80’sのSILVERADOです。

カサカサのオリジナルペイントが良い味を出しています。


ベッドにはお馴染みの彼らの製品が展示されていました。

こちらはMobil 1 のブースに展示されていたSTONER’S SPEED SHOPによって製作された50’sのSUBURBANです。

クラシカルな”IOWA” プレートが似合い過ぎていますね。悪そうな人たちが乗っていそうな1台ですね。

その他にはこんなK-20も。

四駆に大径ホイールは似合わないことを示すための展示のようですね。

屋外にはこんなパティーナライダーも見かけることが出来ました。

引き続き、2018 SEMA SHOWの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆12月7日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1975 Ford Bronco Ranger
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2018.12.03
テーマ:event

本日は引き続き、2018 SEMA SHOWの様子をご紹介します。

本日も会場に展示されていたLAND CRUISERをご紹介します。

こちらはMAXXISタイヤのブースに展示されていたFJ45です。

オリジナルスタイルを維持しながら若干大きめのタイヤがインストールされ、タイヤが主役の展示となっています。

WARN製のウィンチが良く似合っています。

インテリアもオールオリジナル。綺麗な仕上がりですね。

こちらは屋外に展示されていた70です。

日本では販売されていないシングルキャブピックアップです。


インテリアはほぼオリジナルの状態のようです。

こちらも屋外に展示されていた200です。ごついプッシュバーでフェイスが隠れており、かなり印象が変わっていますね。

自転車ラックも備えており道具満載で出かけられる1台です。

LAND CRUISERではありませんが、センスの良い1台でしたのでこちらのタコマもついでにご紹介します。


この手のキャンパートラックが日本のキャンプ場にマッチするか分かりませんが、自然の中に出掛けたくなる1台ですね。

引き続き、2018 SEMA SHOWの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆12月4日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1975 Ford Bronco Ranger
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2018.12.01
テーマ:event

本日は引き続き、2018 SEMA SHOWの様子をご紹介します。


本日は会場に展示されていたLAND CRUISERをご紹介します。まずはこちら、おなじみのFJ COMPANYによって持ち込まれた1台、1984 FJ43です。搭載されるエンジンはTOYOTA 1GR-FE、最新のV6エンジンです。

FJ COMPANYはオリジナルシャーシーをベースに顧客の要望に応じて内容をアップデートしたFJを製作しています。オリジナルテイストを損なわない彼らのスタイルには好感が持てますね。


この個体も商談の最中でした。かなりのハイプライスを掲げていましたが、需要はあるようです。


自転車ラックを取り付けられたこちらもエクステリアはオリジナルスタイルを保った1台。

搭載されるエンジンは4.5Lの1FZ-FE、直6エンジンです。綺麗に組み直されていますね。

インテリアもオリジナルテイストを保っていますが、なぜかステアリングは小径の太巻きタイプ。似合いませんね。


背面にはYETI製の高価なクーラーボックスが。盗難されないか心配になってしまいそうです。

こちらは若干のリフトアップとシュノーケルが装着されオフロードテイストが協調された1台です。

この個体の目玉はこのCUMMINS製の2.8Lターボディーゼルエンジンです。BJではないFJのクリーンディーゼルクルーザー、魅力的ですね。


こちらの個体も背面にはYETIのクーラーボックスが。流行りなのでしょうか。

インテリアはオリジナルコンディションを維持しています。

こちらはCUMMINSのブースに展示されていた1台です。

搭載されているエンジンはもちろん彼らのR28ディーゼルエンジン。

クリーンディーゼル化が今年のSEMAのトレンドのようでした。

引き続き、2018 SEMA SHOWの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆12月2日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1975 Ford Bronco Ranger
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2018.11.28
テーマ:event

本日は引き続き2018 SEMA SHOWの様子をご紹介します。

こちらはICONによって製作された1949 MERCURY PERELICTです。オリジナルペイントを維持したカリフォルニア1オーナーカー、Patinaスタイルです。

カサカサのペイントがたまりませんね。ブレーキシステムもアップデートされており、タイヤ&ホイールは大径化されていますが、クラシックなスタイルを維持しています。

この個体の目玉ポイントはそのパワートレインで、なんとSTEALTH EVによって150kwを発揮するDUAL AM RACING MAGNET MOTORが搭載されているのです。要するにこの個体は電気自動車なのです。搭載されるバッテリーはTESLA 85kWh Battery Packとのこと。クラシックカーを未来永劫楽しむための一つの提案と受け止めるべき展示でした。

インテリアはMOORE & GILESのレザーマテリアルを使い贅沢な仕上がり。新革の香りを感じることが出来ました。


こちらはROADSTER SHOPによって製作された1950 BUICK SEDANETTEです。

こちらもエクステリアはオリジナルを維持し、タイヤ&ホイールはアップデートされたスタイル。

搭載されるエンジンは480馬力を誇るCHEVROLET PERFORMANCE製LS3 CRATE ENGINEです。今流行りのRESTMODです。

こちらはFREEDAM FABWORKSによって製作された2017 JEEP WRANGLERです。ROOFは8インチチョップされ2インチナロー化されたその風貌はおおよそWRANGLERには見えません。

しかしAIR RIDE SUSPENSIONを備え、走行可能とのこと。YUKON製のリングピニオンやアクセルシャフトが組み込まれています。

搭載されるエンジンは迫力のGM製6.0L LS MOTORで4L80 AUTO TRANSとの組み合わせ。爆音を轟かせそうなエキゾーストも迫力満点ですね。

こちらは2012 DODGE CHALLENGER 4WD “CACTUS RUNNER”です。珍しいスタイルなので紹介してみました。

搭載されるエンジンは392 SUPERCHARGED HEMIでDAYSTAR製のサスペンションシステムによってリフトされた足元には35インチのBFG KM3タイヤを納めています。四駆好きにとって興味をそそられる1台ですね。

引き続き、2018 SEMA SHOWの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆11月29日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1975 Ford Bronco Ranger
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2018.11.24
テーマ:event

本日は2018 SEMA SHOWの様子をご紹介します。

本日も引き続きFORDブースから。こちらは2019 FORD GT LIGHTWEIGHT CARBON SERIESです。通常のFORD GTから39ポンド軽量化された限定バージョンです。

CARBON FIBER WHEELSやTITANIUM LUG NUTS、TITANIUM EXHAUSTなどが装着されているそうで、シルバー、レッド、オレンジ、ブルーのストライプが選べるそうです。

他にもこのMONSTERカラーの個体など複数のFORD GTが展示されていました。

FORD GTはその50万ドルからというプライスにも関わらず、2020年までの予定されているプロダクションは全て完売しているそうで、その台数は1350台に達するとのこと。LAでもたまに見かけるようになったドメスティックスーパーカーです。

こちらはKEN BLOCKによって持ち込まれた1986 FORD RS200です。RS200はGROUPE Bのホモロゲーションを取得するために200台のみが製造されたラリーカーです。

この個体はKEN BLOCKによって700馬力まで出力を高められた過激仕様とのこと。”HOONIGAN” らしさ満点の1台です。

こちらはWALTON CUSTOMSがBEVERLY BRYANTのために製作した1960 FORD STARLINERです。

PAINTHOUSEによってペイントされたエクステリアカラーは”BLUECHERDING PEARL” と名付けられたPPG製のペイントとのこと。丁寧に仕上げられたDREAMLINERです。

CATO’S CUSTOM UPHOLSTERYによるインテリアも美しい仕上がり。この手のカスタムカーとしてはシンプルな仕上げで好感が持てます。

引き続き、2018 SEMA SHOWの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆11月23日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1975 Ford Bronco Ranger
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2018.11.19
テーマ:event

富士山麓で開催されたAmerican Historic Car Show 2018に参加してきました。

早朝に出発し途中のサービスエリアでお客様と待ち合わせ。夜も明けきらぬうちにまずはA様の1972 Bronco Sportが到着。

続いてN様の1975 Bronco Rangerが到着。Bronco3台が並ぶ姿は、SA利用者になかなかのインパクトを与えていたようです。毎年ここで待ち合わせをしていますが、写真を取られるのは必至です。今年はこの3台での参加となりました。

高速道路を連なって走りながら会場へと到着。Broncoが走っている姿を見ながらBroncoを走らせるのは何とも楽しい時間です。普段Broncoが走っている姿をなかなか見ることはできませんからね。そして、会場にてディスプレイが完了しました。

今回参加したのは…
A様の1972 Bronco Sportです。約半年前にご納車後、初の高速道路走行&イベント参加ということで緊張されていたようですが、長距離ドライビング&イベントも存分に楽しんでいただけたようです。

こちらはN様の1975 Bronco Rangerです。奥様もクルマのイベントがお好きなようで、他のイベントにもお二人でよくでかけているとのこと。今回もご夫婦で参加されました。

この2台のBronco、色味がとても似て見えますが、実はイエロー系とグリーン系のカラーリングです。A様のBronncoはTampico Yellow、そしてN様のBroncoはGlen Greenです。並べるとよく分かるのですが、手前がTampico Yellow、奥がGlen Greenです。

そしてもう1台、Burgundy号です。

今年はCorvetteが65周年ということで…
C1から最新モデルまで数多くのCorvetteが参加していました。C2は憧れますね〜。

その他にも…
ボディラインが美しいBuick Riviera。

このフルサイズボディにして2 door coopeというRincoln MK-V。

珍しい4 door bodyのGrand Trino。

とても美しく仕上げられているMustang GT Packageなどなど気になるクルマも多数出展されていました。
普段見かけることができない、珍しく貴重なクルマを見ることができるのも、このイベントに参加する楽しみのひとつです。

そして、Burgundy号は撮影協力なども…。
お客様といろいろとお話しながらBroncoや他のアメリカ車を眺め、今年も楽しい時間を過ごすことができました。
来年も是非参加したいと思います! 参加された皆さん、お疲れ様でした!!


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆11月20日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1975 Ford Bronco Ranger
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2018.11.18
テーマ:event

本日は先週に引き続き、2018 SEMA SHOWの様子をご紹介します。

本日も引き続きFORDブースから。まずご紹介するのは2019 FORD F-150 SUPERCREW HOT WHEELS 50TH ANNIVERSARYです。この個体はその名の通り、HOT WHEELSの50周年を記念してDEBERTI DESIGNによって製作された1台です。

サスペンションはFOX SHOCKSとEIBACH製コイルオーバーによって武装され、39インチのBAJA T/Aタイヤが組み合わされています。DEBERTI DESIGNによって製作されたフェンダーフレアが迫力満点のPre-Runner仕様のF-150です。

インテリアもロールケージが張り巡らされレーシーかつゴージャスな仕上がりとなっています。

こちらは同じくDEBERTI DESIGNによって製作された2019 FORD F-250 LARIAT SRW CREW CAB 4×4です。

サスペンションシステムはこちらもFOX SHOCKSとEIBACH製コイルオーバーの組み合わせ。17インチのKMC製Beadlock Wheelsに37インチのBAJA T/Aタイヤが組み合わされています。

搭載される6.7L Power Stroke V8 Turbo DieselエンジンはMIDWEST DIESEL&AUTOによってHigh Pressure Twin Turboキットが組み込まれており、NO LIMIT FABRICATION製のインタークーラーがインストールされています。


この個体の特筆すべきはこのCUSTOM UTILITY BEDでリアフェンダーを開くとTOOL BOXが現れます。

便利そうで使い勝手が悪そうな、あくまでもSHOW向けカスタムカーといったところでしょうか。

こちらはWILDERNESS COLLECTIVEによる2019 FORD F-250 XLT SRW CREW CAB FX4です。この個体はOFF ROAD MOTO TOURINGのためのCHASE&SUPPORT TRUCKとして製作されたそう。

ICON VEHICLE DYNAMICS製2.5インチサスペンションシステムに37インチのTOYO OPEN COUNTRYタイヤが組み合わされています。このトラックはあくまでもワークトラックでありTOOLなんだとか。


こちらはTRANSFER FLOWによって製作された2018 FORD F-150 LARIAT SPORT SUPERCREW 4×4です。PRO COMP製6インチキットに同じくPRO COMP製のXTREME MT2タイヤが組み合わされています。


エクステリアはBUSHWACKER製のオーバーフェンダーとYAKIMA製のKAYAK RACKが装着されスポーティな仕上がり。完成度の高い1台ですね。

他にFORDブースにはこんなデューリー仕様のF-350も展示されていました。

ベッドは巨大な液晶パネルとBBQグリルを備えたパーティ仕様となっています。

タイヤはDELINTE製のA/Tタイヤでサイズは285/40R24とのこと。渋谷のセンター街あたりで人気が出そうなゴージャス仕様ですね。

他にはこんなローライダー仕様のF-150も展示されていました。カーボン製のスポイラーがレーシーで古いようで新鮮な1台です。

引き続き、2018 SEMA SHOWの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆11月19日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1975 Ford Bronco Ranger
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2018.11.17
テーマ:event

明日11月18日(日)に開催されるAmerican Historic Car Showに今年も参加します! 1990年以前のアメリカ車なら参加可能というこのイベント。芝生の上にクルマを並べられる貴重なイベントです。

昨年はBronco 5台での参加となりましたが、今年もお客様と参加の予定。楽しみです。

そして、私Harryは…
今年も愛車Burgundyを駆って参加します! ビキニトップも装着して準備万端。天気も問題なさそう、気温も例年より高くなりそうな予報が出ていますので、アメリカ車に囲まれて気持ちの良い一日が過ごせそうです。

会場は富士Calm芝生大広場(山梨県富士吉田市新屋1400)です。
エントリーは当日受け付けですので、お時間ある方はぜひ会場に! 一緒に楽しみましょう!


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆11月19日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1975 Ford Bronco Ranger
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪