event

2018.01.04
テーマ:event

本日は昨年に引き続き、2017 SEMA SHOWで気になったクルマをご紹介します。今回で最終回です。


昨年のSEMAでJEEPの類で唯一気になったのがこちら、MAXXISタイヤの屋外ブースに展示されていたJEEPSTER COMMANDOです。


こちらの個体の最大のウリはこのカサカサのオリジナルペイント。


オリジナルのJEEPSTERはジープなのに乗用車然としたルックスなのですが、Rock Crawler仕様とすることでワイルドさが加わり、違和感ないルックスに仕上がっています。


続いてご紹介するのはAmerican Racing Headersのブースに展示されていた、ドラッグ仕様のプリウスです。


こちらのプリウス、搭載されているエンジンはWHIPPLE製のスーパーチャージャーで武装されたHell Cat 6.2 V8!


そしてドライバーズシートに収まるのは現職大統領のあの人!!似合いすぎていますね。


こちらはICONによって製作された、1958 Rolls Royce Derelictです。


こちらの個体のウリもこの美しいオリジナルペイント。渋すぎます。


エンジンはCHEVY LS7に換装され4L85E Automatic Transmissionと組み合わされています。パワートレインをアップデートすることで快適なドライブが可能になっている訳です。


その他、ブレーキシステムや足回りもアップデートされ、レトロな外見の18インチスチールホイールが組み込まれています。一度、試乗してみたい1台でした。


こちらはKW AUTOMOTIVEのブースに展示されていた240Zです。


日本人ビルダーによって製作されたこちらの個体は、Hotwheelsも発売されている有名な1台です。


この日は格闘家Cain Velasquezも登場。サイン会が行われていました。こういう著名人と何気なく触れ合えるのもSEMAの魅力ですね。

全15回に渡りご紹介してきた2017 SEMA SHOWレポートいかがでしたでしょうか。今回も多くのアイディアやヒントをこのショウから得ることが出来ました。今年も再び訪れたいものです。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆1月5日の展示車両☆

1968 Ford Bronco Sport “Camper Package”
1975 Ford Bronco Ranger
ぜひお越しください♬♪

2017.12.31
テーマ:event

大晦日の今日、2017年も暮れようとしていますが、今年は皆様にとってどのような1年でしたでしょうか?Bronco Ranch&Garage弦巻にとっては今年も実りの多い1年となりました。



















今年も多くのお客様にご来店頂き、沢山の笑顔を頂戴しました。また整備のご相談も昨年以上に頂戴し、対応させて頂きました。来年もお客様に満足して頂けるサービスを目指し、鋭意努力して参ります。是非、2018年もBronco Ranch&Garage弦巻にご期待ください。

それでは皆様、よいお年をお迎えください。

冬季休暇のお知らせ
Bronco Ranch & Garage弦巻及び楽天ショップは、12月28日(木)から1月4日(木)までを冬季休暇とさせていただきます。
休暇中に頂きましたご注文・お問い合わせは1月5日(金)より順次ご対応させていただきます。よろしくお願いいたします。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆1月5日の展示車両☆

1968 Ford Bronco Sport “Camper Package”
1975 Ford Bronco Ranger
ぜひお越しください♬♪

2017.12.29
テーマ:event

青空の広がった休日、Burgundyで湘南へとドライブに出かけました。

湘南、夏場は渋滞のことを考えるとあまり足を延ばしたくない地域ですが、この時期は休日で交通量は多いものの気持ちよく海岸線をドライブすることができますね。

海岸線から山側へと入り江ノ電の線路が敷かれている路面を走ります。江ノ電は一部路面電車となる区間があり、クルマと同じ道路を走っています。この時は残念ながら電車と併走はできませんでした。線路のある道路を走るのはなかなか新鮮ですね。


山側から坂を下り、再び海岸線を目指します。この道路の先は全面海です。残念ながら写真に写りませんでした…。そして、この先にある江ノ電の踏切は、撮影スポットとして有名なポイントの様で常に人だかりができています。ガードマンが常駐しているほど…。江ノ電が踏切に差し掛かると、皆さん一斉に撮影していました。


そして、お目当ての雑貨屋に到着。最近知ったお店ですが、革製品やUS雑貨などなかなか興味深い品揃えのお店です。湘南地区のお気に入りショップがまたひとつ増えました。


綺麗な夕日をバックにシルエットを見せる江の島を眺めながらの海岸線ドライブ。



陽が落ちるとグッと寒さが増すBurgundy…。途中スタバをいただいて体を暖めました。湘南の海岸線はお洒落な家やショップが多く、その辺を眺めながらドライブしているだけでも気持ちがいいですね。また天気の良い日にブラリと出かけてみたいと思います。


冬季休暇のお知らせ
Bronco Ranch & Garage弦巻及び楽天ショップは、12月28日(木)から1月4日(木)までを冬季休暇とさせていただきます。
休暇中に頂きましたご注文・お問い合わせは1月5日(金)より順次ご対応させていただきます。よろしくお願いいたします。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆1月5日の展示車両☆

1968 Ford Bronco Sport “Camper Package”
1975 Ford Bronco Ranger
ぜひお越しください♬♪

2017.12.28
テーマ:event



本日は、毎年、センスの良いカスタムカーを展示することで有名なNITTO TIREのブースから。こちらは2017 F-150 SVT RAPTORです。落ち着いたシルバー系のエクステリアカラーとこちらも控えめなフロントのカスタムバンパーが似合っています。今年のSEMAでは数多くのNEW RAPTORの展示がありましたが、この個体が個人的にはベストでした。


サイドには戦闘機でよく用いられるシャークティースデカールが。アートボムマークにはサプライヤーネームが入っており、遊び心満点です。


リアビューは工事車両のようなカラーリングですが、これはこれでインパクト大で好感が持てます。


こちらは全体をブラック&グレーでまとめられたキャンパー仕様のFJ79 “The Black Truck” です。


“The Ultimate Adventure Vehicle” と名付けられた、ミリタリーテイストも取り入れたヘビーデューティー仕様のこちらの個体、アウトドアで重宝しそうな装備満載で大自然の中で威力を発揮しそうな1台でした。


こちらは大人気のGAS MONKEY GARAGEが初めて日本車をベースに製作したカスタムカーである、’75 280Zです。


エンジンはS-14シルビアから移植されたSR20エンジンで、重量バランスを考えオリジナルの直列6気筒から載せ替えたそう。


オリジナルテイストを損なうことなくゲストビルダーのBig Mike流のボディシェイプを表現したそうで、その完成度の高さからは人気の秘密を伺い知ることが出来ます。今年もNITTO TIREのブースではレベルの高い展示を楽しむことが出来ました。

引き続き、2017 SEMA SHOWの様子をご紹介して参ります。

冬季休暇のお知らせ
Bronco Ranch & Garage弦巻及び楽天ショップは、12月28日(木)から1月4日(木)までを冬季休暇とさせていただきます。
休暇中に頂きましたご注文・お問い合わせは1月5日(金)より順次ご対応させていただきます。よろしくお願いいたします。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆1月5日の展示車両☆

1968 Ford Bronco Sport “Camper Package”
1975 Ford Bronco Ranger
ぜひお越しください♬♪

2017.12.25
テーマ:event




冬季休暇のお知らせ
Bronco Ranch & Garage弦巻及び楽天ショップは、12月28日(木)から1月4日(木)までを冬季休暇とさせていただきます。
休暇中に頂きましたご注文・お問い合わせは1月5日(金)より順次ご対応させていただきます。よろしくお願いいたします。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆12月26日の展示車両☆

1968 Ford Bronco Sport “Camper Package”
1975 Ford Bronco Ranger
ぜひお越しください♬♪

2017.12.21
テーマ:event



こちらはフロリダのThe FJ Companyによって製作された1984 FJ43 Land Cruiserです。フレームオフフルレストアが施された彼らのFJにはTOYOTA 1FZエンジンが搭載されるのが常で、基本的には自分だけの1台を製作しますというスタイルです。


パワートレインがアップデートされた新車のFJ40を入手出来るということなんですが、気になるこの個体のお値段は15万ドルとのこと。高額なプライスにも関わらず、彼らの営業エリアはフロリダからテキサス、コロラドへと拡大しており、ある一定の需要があることは間違えなさそうです。


こちらはトーヨータイヤの屋外ブースに展示されていたFJ60です。


’80年代から’90年代初頭にかけてのネオクラシカルランドクルーザー、オリジナルテイストを生かしたカスタム、日本でも参考になりそうな1台ですね。


インテリアもオリジナルの状態を綺麗に保っています。年々この年式の状態の良いベース車両は入手しづらくなっており、この手のランドクルーザーは見つけたら即買いが基本です。


こちらはMOORE&GILESのブースに展示されていたICON FJ40 “Old School”です。


その名の通り、クラシックスタイルに仕上げられた1台ですが、搭載されているパワートレインはNew CUMMINS製TURBO DIESELエンジンとAISIN製5速マニュアルトランスミッションの組み合わせとのことで、中身は別物なのです。


インテリアはMOORE&GILESのレザーを使い高級感溢れる仕上がり。


素材的にFJにはもったいない気もしますが、あえてFJに使った、贅沢な1台ということなのでしょう。



MOORE&GILESはヴィンテージエアストリームを持ち込み、彼らのバリエーション豊かなレザーを展示していました。普段は高級カウチやバッグなどに使われる素材ですが、カスタムカーマーケットへの供給も年々拡大しているそう。いつかは弦巻のブロンコにも使ってみたい素材です。


こちらはThe Garage Shopによって持ち込まれた1970 FJ40です。なんとこのFJ、はるばるミズーリ州からオレゴン州まで3,800マイルのクラシックオレゴントレイルを走破しラスベガスへと辿り着いたそう。


バックアップやチェイスクルーなしで、このFJのオーナーとパートナーのみでこの破天荒な旅を走り終えたそうで、本人達にとってはこの上ない思い出の旅となったことでしょう。


こちらはRESURRECTIONというビルダーによって製作され、BILSTEINのブースに展示されていた1972 FJ40です。


FJ43のようですが、13 3/4インチ程ボディがストレッチされたFJ40です。クラシックなRock Crawlerというのがコンセプトとのこと。


搭載されるエンジンは3FEでA440オートマとの組み合わせ。4:1トランスファーギアによってオフロード性能が高められています。


サスペンションはBILSTEINのコイルオーバーにハイドロリックバンプストップの組み合わせ。


まるで動物のようなしなやかな足を実現しています。

引き続き、2017 SEMA SHOWの様子をご紹介して参ります。

冬季休暇のお知らせ
Bronco Ranch & Garage弦巻及び楽天ショップは、12月28日(木)から1月4日(木)までを冬季休暇とさせていただきます。
休暇中に頂きましたご注文・お問い合わせは1月5日(金)より順次ご対応させていただきます。よろしくお願いいたします。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆12月22日の展示車両☆

1968 Ford Bronco Sport “Camper Package”
1975 Ford Bronco Ranger
ぜひお越しください♬♪

2017.12.18
テーマ:event



WD-40のブースにはWD-40カラーの1966 Broncoが展示されていました。


BASFによるWD-40ペイントスキーム・・・。微妙ですね。


ダッシュボードもWD-40を意識したカラーリング。ステアリングホイールはWD-40製なんだとか。


Eco-Boost V6が載っかっていましたが、補器類が何も付いていませんね。未完ということでしょうか。


こちらはお決まりのRock Crawler Bronco。ULTRA 4 NATIONAL CHAMPIONSHIPを制したそのままの姿で展示されていました。


一度はこういうブロンコにも乗ってみたいものです。


こちらはBSI Performanceによって展示されていた彼らのカスタムブロンコフレームです。


造りは良さそうですが、プライスは22,500ドルとのこと。もれなく高級車が出来上がってしまいますね。


TKO Clampingという会社もブロンコを展示していました。細かいパーツを売る会社ですがわざわざブロンコを展示するあたりブロンコ愛を感じます。


こちらは有名なエリートブロンコ。今年はフェデラルタイヤのブースにいました。


毎年どこかしらのブースで見つけることが出来る、名物ブロンコです。


こちらはMatt Huntによって製作された1972 Broncoです。


搭載されるエンジンは347ストローカーエンジンで’92 Mustangのフューエルインジェクションシステムを組み合わせているそう。


今年のFabulous Fords ForeverにてThe most outstanding truck prizeを獲得した、こちらも有名なブロンコです。

引き続き、2017 SEMA SHOWの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆12月19日の展示車両☆

1968 Ford Bronco Sport “Camper Package”
1975 Ford Bronco Ranger
1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.12.14
テーマ:event

本日も引き続き、2017 SEMAの様子をご紹介します。


HEDMAN HEDDERSで有名なHEDMAN PERFORMANCE GROUPのブースに展示されていたのは、元祖モンスタートラック、1974 F-250 “BIG FOOT”です。


“BIG FOOT” の有名なリアステアは1979年に追加されたそう。当初はローカルのMudランやレスキュートラックとして活躍した”BIG FOOT” ですが、1982年に初めて数台のジャンクカーを踏み越えるパフォーマンスを披露して以来、一躍、人気を獲得したそう。


搭載されるエンジンは規格外の640 cid V8。シリンダーブロックから最上部のエアクリーナーまでを見上げると、その様はまるでタワーのようです。


このトラックはタミヤによってRCキットが売られていたため、日本人にもとても馴染みのある1台ですね。


こちらはH&H Performanceのブースに展示されていたブロンコです。


こちらのブロンコ、DYNACORN社製のNewボディを使って新たに製作されたコンプリートカーとのこと。


足回りはWILD HORSESの3.5インチリフトキットが組み込まれ、33インチのマッドタイヤがARホイールと組み合わされています。


WARNの8000LBSのウィンチが内蔵されたカスタムバンパーは少しごつ過ぎますね。


搭載されるエンジンは430HP仕様のCOYOTE V8で6 SPEED AUTOMATIC TRANSとの組み合わせ。


インテリアはシンプルな仕上がり。発想一つでいろいろな形のブロンコが制作できるという一例ですね。

引き続き、2017 SEMA SHOWの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆12月15日の展示車両☆

1968 Ford Bronco Sport “Camper Package”
1975 Ford Bronco Ranger
1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.12.11
テーマ:event



本日も引き続き、フォードブースから。こちらはA.R.E. ACCESSORIESによって製作された2018 F-150 SUPER CREWです。この手のRV仕様のカスタム事例はFシリーズに限らず他社のピックアップトラックでもとても多く見られました。


ポイントはA.R.E.製のルーフバスケットの上に設置されたJames Baroud製ルーフトップテントでしょうか。最近流行りのキャンパースタイルです。


日本のキャンプ場では実用的ではありませんが、スペースの広いアメリカのキャンプ場ではよく見かけるスタイルで、ベッド内に設けられた収納スペースもとても実用的な配置となっています。


こちらはフォードブースに於いて一際目立っていた一台、BDS SUSPENSIONが製作した2017 SUPER DUTY F-250 XLTです。


レギュラーキャブのリフテッド4×4、トラック好きには堪らないスタイルですね。


ベッドはカスタムショートベッドとのことで、残念ながらこのスタイルのまま売られている訳ではなさそうです。


タイヤ&ホイールは42インチのBFGoodrich Baja TA KRに20インチのStazworks Cheyenne 8の組み合わせ。巨大なボディの影響でタイヤの大きさを感じさせませんね。



サスペンションは前後共にBDS製のコンバージョンキットが組み込まれていました。


こちらはNASCAR Ford Championship Weekendに開催されるEcoBoost300レースのオフィシャルペーストラックです。


そしてこのトラックがレースウィークエンドの様々な特典付きで抽選で当たる催しが開催されていました。

引き続き、2017 SEMA SHOWの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆12月12日の展示車両☆

1968 Ford Bronco Sport “Camper Package”
1975 Ford Bronco Ranger
1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

2017.12.07
テーマ:event



本日も引き続きフォードブースから。トップバッターはこちら、HELLWIG SUSPENSIONが制作した2018 SUPER DUTY F-350 LARIATです。Icon Vehicle Dynamics社製の4.5インチアップサスペンションにBig Wig製のSway Barが組み合わされ、37インチサイズのMudタイヤを納めています。


ベッドには同じカラーリングのATVを積み込んでいました。


昨年のSemaで流行していたデジタルカモ柄、今年はかなり減りました。


こちらは、ADDICTIVE DESERT DESIGNSが制作した2017 F-150 RAPTOR SUPERCREWです。Fabtech製6インチアップキットが組み込まれ、ユニークなグラフィックワークによって迫力が増しています。


フロント及びリアのスチール製バンパーはADDICTIVE DESERT DESIGNSのオリジナル商品。センス良くまとめられた1台です。


こちらはCJ PONY PARTSが制作した2018 F-150 LARIAT SUPER CREWです。オン、オフ両方のシチュエーションでピュアな走る喜びを追及した1台とのこと。


ReadyLIFT社製7インチリフトキットはタフなトレイルもシティクルージングも確かなインプレッションをドライバーに与えるそう。こちらも37インチのMudタイヤを難なく飲み込んでいます。


こちらがReadyLIFT社製7インチリフトキットが組み込まれたサスペンション。キャッチーなカラーリングが目を引きます。



“Stealth Fighter Front Bumper” と名付けられたフロントバンパーと “Honey Badger Rear Bumper” と名付けられたリアバンパーです。バンパーのネーミングもシャレています。


前後バンパー及びベッドに備え付けられたチェイスラックとタイヤキャリアはADDICTIVE DESERT DESIGNS製。実用性も高そうです。

引き続き、2017 SEMA SHOWの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Facebookaもご覧ください!
mechanicblogこちらもぜひご覧ください!
Instagram始めました!

☆12月8日の展示車両☆

1975 Ford Bronco Ranger
1977 Ford F-150 White
ぜひお越しください♬♪

12345...10...