リファインプロジェクト

2019.11.28

本日は先週に引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのリファインプロジェクトの様子をご紹介します。
エクステリアペイントが施され、ペイントブースから出た’78 Bronco Rangerです。

Bright Dark Blue PolyとWimbledon Whiteのツートンカラーに綺麗に塗り分けられました。

テールゲートも板金され真っ直ぐな状態で綺麗な仕上がりです。

塗分けられた部分に先日リクロームされたボディモールディングが取り付けられることになります。

パッセンジャーズサイドもドライバーズサイド同様、綺麗な仕上がりです。

ペイントを終えたことでボディショップでの作業もいよいよ大詰めとなりました。

引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのRefine Projectの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆11月29日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
2018 BMW M2 Coupe
ぜひお越しください♬♪

2019.11.21

本日は先週に引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのリファインプロジェクトの様子をご紹介します。

ボディペイントに向けて準備を進めている’78 Bronco Ranger、ドアパネルの内張を剥がしオリジナルカラーの確認を行います。

パッセンジャーサイドドア端部のダメージ部分は綺麗にリペアされました。


ドア内側のミッドナイトブルーのオリジナルペイントが残る部分と今回、使用する塗料を比較し色合せを行っていきます。


こちらはウィンブルドンホワイトです。確認の結果、若干の調合でオリジナルカラーに合わせることが出来そうです。

リア廻り、テールゲート内側のエリアでも同様に色合せを行いました。


テールゲート内側のダメージ部分はリペア作業を行った後、リペイントすることになります。

引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのRefine Projectの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆11月22日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
2018 BMW M2 Coupe
ぜひお越しください♬♪

2019.11.04

本日は先週に引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのリファインプロジェクトの様子をご紹介します。
こちらは’78 Broncoから取り外したモールディング類。

ボディモールディング類はNewパーツが販売されていないため、リクロームショップへと持ち込みました。

そして本日、リクロームされたモールディング類が戻って来ました。

こちらはボディサイドモールディング。

完璧な仕上がりです。

こちらはフェンダーアーチモールディング。こちらも美しい仕上がりです。

今回作業を依頼したリクロームショップはポルシェなどのヨーロッパ車を得意とする老舗。さすがのクウォリティです。

引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのRefine Projectの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆11月5日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
2018 BMW M2 Coupe
ぜひお越しください♬♪

2019.10.31

本日は先週に引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのリファインプロジェクトの様子をご紹介します。

先週から今週にかけて、スムージング作業が進められ、エクステリアパネルのスムージンングは目途が立ってきました。

ドライバーズサイド及びパッセンジャーズサイドのフロントフェンダーパネルです。綺麗にスムージングされています。

スムージング作業と同時進行でフェンダーパネルとドアパネルのちり合わせも入念に行われました。こちらはドライバーズサイド、ちりも合っておりストレートな仕上がりです。

モールディングのボルト穴の位置も完璧に合致しています。

こちらはパッセンジャーズサイドです。ボディのプレスラインは完璧に合わせることが出来ましたが、

モールディングの取付け位置は合っていません。こちらは修正が必要です。

フードのスムージングも進められています。

フード裏側も抜かりなくスムージングされました。

引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのRefine Projectの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆11月1日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
2018 BMW M2 Coupe
ぜひお越しください♬♪

2019.10.24

本日は先週に引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのリファインプロジェクトの様子をご紹介します。

先週までは不要なボルト穴の穴埋め作業や、ダメージ部分の修復作業に時間を費やしていましたが、一通りの修復作業を終え、ボディのスムージング作業が一気に進みました。

こちらはパッセンジャーサイド、

そしてこちらが、ドライバーズサイドです。共にストレートなボディラインを出せています。

リア廻りも綺麗にスムージングが進められました。こちらもソリッドな仕上がりです。

フードもスムージングが進められ、ペイントに向けて作業は加速しています。

引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのRefine Projectの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆10月25日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2019.10.17

本日は先週に引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのリファインプロジェクトの様子をご紹介します。

今週も古いボルト穴の穴埋めや、ダメージ箇所の補修作業が行われました。

パッセンジャーサイドを中心に作業が進められていましたが、

テールゲートや、

ドライバーズサイドのパネルも作業が開始されています。

少しずつですが着実にプロジェクトは進行しています。

引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのRefine Projectの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆10月18日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
ぜひお越しください♬♪

2019.10.03

本日は先週に引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのリファインプロジェクトの様子をご紹介します。
ボディショップへ入庫中の1978 Bronco Ranger XLT、パッセンジャーサイドを中心に古いボルト穴やダメージ部分の補修作業が行われています。

こちらはフロントフェンダー部分です。ダメージが見受けられる部分のペイントを剥離し、ボディパネルの状態を確認します。

そしてこちらはフロントフェンダーパネルからドアにかけてです。

こちらはリアフェンダーパネル、同様にダメージ部分のペイントを剥離していきます。

リアフェンダーパネル上端部、ハードトップとの連結部分で腐食が見つかりました。リペアが必要な箇所のペイントを剥がし、状態を確認します。

ソフトトップ装着時に取り付けられたスナップボタンの穴も穴埋めを行う為、ペイントを剥離します。

引き続き、1978 Bronco Ranger XLTのRefine Projectの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆10月4日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
2017 Mercedes-Benz G350d
ぜひお越しください♬♪

2019.09.29

リファインプロジェクトの模様をお伝えしてきた1976 Bronco Explorerですが、遂に今回が最終回となりました。完成写真をご紹介した前回のエクステリア編に続いて、今回はインテリアを中心にご紹介します。

Explorerパッケージがチョイスされたこの個体では、シートスキンやフロアに敷かれているマット、そしてドアパネルなど、インテリアがタンを基調にコーディネイトされています。さらに、オリジナルオーナーから譲り受けた個体故のコンディションで、全てにおいてオリジナルの状態を保っていました。

前後シートはシートスキンの補修とシートフォームの入れ替え、そしてクリーニングを行ったことで、新品同様の輝きと張りを取り戻しました。

こちらは貴重なオリジナルパーツが残されていたブロンコマットです。センタートンネル部には”Bronco”のロゴがあしらわれています。オリジナルオーナーから譲り受けた個体故のコンディションといえますね。

タンのブロンコマットはリアシート、そしてカーゴスペースにも敷かれています。

こちらはドアパネル。そして…

ダッシュパッドもタン仕様です。どれもオリジナルパーツです。

インストルメントパネルまわりのデザインは他のブロンコと同様ですが、ダッシュパッドに色が着くとだいぶ雰囲気が変わりますね。

ホーンパッド中央にはFordのオーバルが。

グローブボックスの蓋には”Explorer”のエンブレムが備わります。

リファインプロジェクトとして全ての作業が完了した1976 Bronco Explorer。1976yモデルのExplorerパッケージ、そしてWimbledon Whiteのボディカラーを持つ個体は僅か7台しか生産されなかったうちの1台で、貴重なオリジナルパーツが数多く残されていた奇跡の1台ともいえるBroncoです。その個体をベースに、リファインプロジェクトでもお伝えしてきたとおり、新車にも負けないクリーンなコンディションに仕上げることができました。
現在1976 Bronco ExplorerはGarage弦巻にて展示中です。ご興味をお持ちの方はぜひご来店ください!!


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆9月30日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
2017 Mercedes-Benz G350d
ぜひお越しください♬♪

2019.09.22

リファインプロジェクトを進めていた1976 Bronco Explorerが遂に完成しました!

本日はエクステリアを中心に、Explorerをご紹介します。
遂に完成の時を迎えたExplorerです。ボディにも磨きを掛け、作業中よりも輝きを増したスベスベお肌に仕上がっています。さらに、ハブキャップを装着したことで整備中の姿からがらりと雰囲気が変わりました。

この個体の大きな特徴のひとつが、Explorerパッケージのストライプ。エンジンフードとボディサイドにタンのストライプが入っています。ちなみに、ガスキャップは当時のオプションパーツ。とても貴重な逸品が綺麗な状態で残されています。

フロントグリルはWimbledon White仕様です。グリルのFORDレターはプレスされた浮き文字をブラックにペイント。

Broncoのカバーを被ったスペアタイヤをスイングさせると、ブラックのFORDレターが姿を現します。

リアのゲートは上下開き式。テールゲートはドライブに出かけた際などにベンチとして使うこともできます。

エンジンはオリジナルの302cid V8をオーバーホールしています。ミッションはリビルト済みのC4を搭載しました。


リズミカルなアイドリングを刻みます。

脚まわり&下まわりは、ほぼすべてをフレームから外してクリーニングとメンテナンスを行いました。それ故に、Broncoのフレームはもちろん、前後アクスルハウジングや各部パーツも新車時の状態に負けないクリーンな状態に仕上げることができました。下まわりは一様に艶やかな仕上がりになっています。
現在1976 Bronco ExplorerはGarage弦巻にて展示中です。ご興味をお持ちの方はぜひご来店ください!!

次回はインテリアを中心にご紹介します。


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆9月24日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
2017 Mercedes-Benz G350d
ぜひお越しください♬♪

2019.09.17

リファインプロジェクトを進めている1976 Bronco Explorerです。

インテリアのクリーニング作業も終わりに近づき、1976 Bronco Explorerのリファインプロジェクトもゴールが見えてきました。

クリーニングの終わったフロントシートとBroncoマットを戻しました。これで前後シート&Broncoマットのクリーニングが完了しました。

クリーニングを行ったメーターまわりを含め、インストルメントパネル裏側の配線を整理。

エンジンルーム内では…
ドライバーズシートに外気を導入するエアベントボックスを設置。

そして、メンテナンスを行った車載ジャッキを所定の位置へと戻しました。この車載ジャッキには、新車時からの収納袋が残っていました。

引き続き1976 Bronco Explorerの作業の模様をお伝えします。


アーリーブロンコ専門店
Show Room Bronco Ranch
東京都世田谷区世田谷1-47-2
http://bronco-ranch.com
TEL:03-6413-1531
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile
Factory Garage弦巻
東京都世田谷区弦巻3-30-7
http://garage-tsurumaki.com
TEL:03-3425-7313
FAX:03-6413-1532
e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch & Garage弦巻では、日曜日・祝日にご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店を希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。

Instagram Facebook 楽天ショップ

☆9月18日の展示車両☆

1970 Ford Bronco Sport
1976 Ford Bronco Explorer
2017 Mercedes-Benz G350d
ぜひお越しください♬♪

12345...1020...