レストアプロジェクト

2016.04.04

本日は土曜日に引き続き、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトをご紹介します。

160404写真(1)
4月17日にブエナパークにて開催される31th Fabulous Fords Foreverへの出展を目指し、エクステリア廻りのレストア作業を行うためボディショップへと入庫中の1966 Bronco “Springtime Yellow”号です。

160404写真(2)
ペイントに向けて、ロッカーパネルからリアフェンダーパネルにかけてのスムージング作業が行われました。

160404写真(3)
先日、貼り替えが行われたロウアークォーターパネル部分との継ぎ目もフラットにスムージングされました。

160404写真(4)
160404写真(5)
こちらはドライバーズサイドです。完璧なスムージング作業が確認出来ます。この後、インテリア部分のスムージングが行われます。

引き続き、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆4月5日の展示車両☆

160307

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger(Wimbledon White)

1975 Ford Bronco Ranger(Glen Green)

1977 Ford F-150

1988 Chevrolet K-5

ぜひお越しください♬♩

2016.04.02

本日は木曜日に引き続き、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトをご紹介します。

160402写真(1)
4月17日にブエナパークにて開催される31th Fabulous Fords Foreverへの出展を目指し、エクステリア廻りのレストア作業を行うためボディショップへと入庫した1966 Bronco “Springtime Yellow”号です。

160402写真(2)
160402写真(3)
オリジナルの状態へと戻すべく、カットされたリアフェンダーパネルの貼り替えを行いました。

160402写真(4)
160402写真(5)
こちらはパッセンジャーズサイドです。極力オリジナルのパネルを生かすべく、ロウアークォーターパネルのみ貼り替えを行いました。

160402写真(6)
160402写真(7)
そしてこちらがドライバーズサイドです。パネルの貼り替え後、ペイントに向けてスムージングを行っていきます。

160402写真(8)
160402写真(9)
コウルパネルも一部補修が必要でしたのでリペアを行い、スムージングされました。

160402写真(10)
ロッカーパネルもペイントに向けてスムージングが行われました。

160402写真(11)
その他、インナーエプロンや、

160402写真(12)
リヤフロアボードなど補修が必要な箇所を一つずつリペアしていきます。

160402写真(13)
160402写真(14)
アッパークォーターパネルやリアホイールウェルもスムージングを行い、塗装面を整えます。

引き続き、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆4月4日の展示車両☆

160307

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger(Wimbledon White)

1975 Ford Bronco Ranger(Glen Green)

1977 Ford F-150

1988 Chevrolet K-5

ぜひお越しください♬♩

2016.03.31

本日は火曜日に引き続き、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトをご紹介します。

160331写真(1)
160331写真(2)
ノーザンカリフォルニア在住のN氏の元でのエンジン及びトランスミッション、トランスファーケースのリビルト作業を終えた1966 Bronco “Springtime Yellow”号は4月17日にブエナパークにて開催される31th Fabulous Fords Foreverへの出展を目指し、急ぎエクステリア廻りのレストア作業を行うためボディショップへと入庫しました。早速、フロントグリルとフロントフェンダーが外されすべてのガラス及びレンズ類が取り外されました。

160331写真(3)
160331写真(4)
この個体のボディパネルはリアフェンダーは大径タイヤを取り付けるためにカットされていますが、その他のパネルは腐食もなくこの年式のブロンコとしてはとても良いコンディションをキープしています。インナーキックパネル、インナーエプロン共に汚れてはいますが錆はなくソリッドな状態です。

160331写真(5)
補強ブレスの数が少ない ’66モデル特有のコアサポートもご覧の通り綺麗な状態です。

160331写真(6)
160331写真(7)
エアベントボックスはパッセンジャーサイド、ドライバーズサイド共に ’66モデルのオリジナル品をキープしています。劣化はしていますが何とかこのオリジナルパーツをリペアし再生する予定です。

160331写真(8)
アッパーシートプラットフォームも腐食のない綺麗な状態です。

160331写真(9)
160331写真(10)
同様にフロアパンも綺麗な状態でした。表面上の錆もほとんどなく、この年式の個体としては驚異的なコンディションです。

160331写真(11)
この個体はフロントバケットシートの背面に仕切り板が存在する2シーター仕様なのですが、今回のレストア作業ではオリジナルの状態をキープすることをコンセプトとしているため、この2シーター仕様のままレストアを進めます。

160331写真(12)
リアフロアパネルもご覧の通り綺麗な状態です。リアベンチシートレスのこの個体、荷室の容量は想像以上に大きく、キャンプ用品などかなり積めそうです。

160331写真(13)
160331写真(14)
エクステンションパネルにも腐食はなく綺麗な状態です。

引き続き、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆4月1日の展示車両☆

160307

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger(Wimbledon White)

1975 Ford Bronco Ranger(Glen Green)

1977 Ford F-150

1988 Chevrolet K-5

ぜひお越しください♬♩

2016.03.29

本日は月曜日に引き続き、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトをご紹介します。

160328写真(1)
ノーザンカリフォルニア在住のN氏の元でのエンジン及びトランスミッション、トランスファーケースのリビルト作業を終えた1966 Bronco “Springtime Yellow”号です。

160328写真(2)
4月に行われる31th Fabulous Fords Foreverへの出展に間に合わせるため、急ぎ引取りに行って来ました。いつものようにU-Haulでトレイラーをレンタルし積み込みます。

160328写真(3)
無事にトレイラーに積み込み、一路、南を目指します。

160328写真(4)
途中、立ち寄ったショッピングモールでの一コマ。Springtime Yellowのボディカラーとラプターのブルー、相性が良いですね。ブロンコはイエロー系のカラーリングが本当によく似合います。イエロー系は当店でも一押しのカラーで、仕入れを行う際の重要なポイントとなっています。

160328写真(5)
いつも立ち寄るガスステーションで小休憩。Chevronのブルーとラプターのブルーがマッチしていて良い感じです。

160328写真(6)
160328写真(7)
このブロンコは一度リペイントされリアフェンダーはカットされていますが、ボディパネルはすべてオリジナルのパネルを維持しており、ブロンコにありがちなインナーフェンダーやフロアパンの腐食も全くない極上のコンディションを誇っています。しかもスーパーレアな ’66 V8モデルということもあり、そう滅多に巡り合える個体ではないことは間違えありません。そういった要因が今回、ブロンコ50周年を祝う今年のFabulous Fords Foreverへの出展を目指すきっかけとなりました。エンジン及びトランスミッション、トランスファーケースのリビルト作業を担当したN氏も多忙の中、そういった経緯を理解し最大限協力してくれたのです。

160328写真(8)
そして夜通し走り、Santa Ana, CAの弊社の倉庫に到着しました。早速、ボディショップへと持ち込みボディ廻りのレストア作業を開始します。

引き続き、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆3月30日の展示車両☆

160307

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger(Wimbledon White)

1975 Ford Bronco Ranger(Glen Green)

1977 Ford F-150

1988 Chevrolet K-5

ぜひお越しください♬♩

2016.03.28

    本日は先週木曜日に引き続き、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトをご紹介します。

    160326写真(1)
    160326写真(2)
    ノーザンカリフォルニア在住のN氏の元でエンジン及びトランスミッション、トランスファーケースのリビルト作業を行っている1966 Bronco “Springtime Yellow”号ですが、リビルト作業が完了したオリジナルの289エンジンがエンジンルームへと戻され補器類が取り付けられました。メニュー的にはオリジナルの状態へと戻す作業となりましたが、オリジナルの289エンジンは完璧にバランス取りされており、アイドリングの状態で小気味よいリズムを奏でる仕上がりを実現しています。

    160326写真(3)
    現状、オリジナルのキャブレターはリビルト中であったため別のキャブとエアクリーナーが取り付けられていますが、リビルト完了後、オリジナルのキャブとこちらのオリジナルエアクリーナーボックスが取り付けられ、エンジンルームはほぼオリジナルの状態へと戻される予定です。

    160326写真(4)
    160326写真(5)
    この丸みを帯びたバルブカバーは ’66モデルにのみ採用された形状で入手困難パーツとなっておりますが、289エンジンを搭載した ’66 ロードスターのレストア作業を同時期に手掛けているN氏の友人から譲ってもらいました。こういった人脈がレアパーツを探す際には欠かせなくなっているのです。コイルはNewパーツを使用していますが、当時物のカラーリングへとこの後、カスタムする予定です。

    160326写真(6)
    フューエルポンプはオリジナルのバキューム式を入手し取付けました。こちらも通常は入手困難なレアパーツとなっています。

    160326写真(7)
    サージタンクもN氏によりリペアされ再生されました。綺麗な仕上がりです。

    160326写真(8)
    スターターソレノイドスイッチは70年代のNOSパーツを使用しています。60年代のパーツではありませんが、形状は同じです。

    160326写真(9)
    160326写真(10)
    ラジエーターはオリジナル品をリビルトしました。66年製を示す刻印が確認出来ます。

    引き続き、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

    アーリーブロンコ専門店

    Show Room Bronco Ranch

    東京都世田谷区世田谷1-47-2

    http://bronco-ranch.com

    TEL:03-6413-1531

    FAX:03-6413-1532

    e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


    Vintage 4×4 Automobile

    Factory Garage弦巻

    東京都世田谷区弦巻3-30-7

    http://garage-tsurumaki.com

    TEL:03-3425-7313

    FAX:03-6413-5885

    e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


    ☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


    Facebookaもご覧ください!

    mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

    Instagram始めました!


    ☆3月29日の展示車両☆

    160307

    1969 Ford Bronco “Patina Package”

    1975 Ford Bronco Ranger(Wimbledon White)

    1975 Ford Bronco Ranger(Glen Green)

    1977 Ford F-150

    1988 Chevrolet K-5

    ぜひお越しください♬♩

2016.03.24

本日は月曜日に引き続き、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトをご紹介します。

160324写真(1)
ノーザンカリフォルニア在住のN氏の元でエンジン及びトランスミッション、トランスファーケースのリビルト作業を行っている1966 Bronco “Springtime Yellow”号、オリジナルの289エンジンが組み上がり、フォードブルーでペイントされました。丸みを帯びたバルブカバーは貴重な ’66バルブカバーで、ブロンコではこの年式のみのレアパーツです。

160324写真(2)
すべてのボルト類はオリジナル品を再生して使用しています。

160324写真(3)
ウォーターホース類も可能な限り、NOSパーツを使用しています。

160324写真(4)
後ろに写るブロンコはN氏がフレームオフレストアを手掛けている ’66ロードスターです。エンジンはL6ですがロードスターは生産台数が少なく、貴重な存在です。289エンジンを搭載したロードスターはスーパーレアなのです。

160324写真(5)
フレームもシャシブラックで整えられクリーニングが終了し、エンジンをインストールする準備が整いました。

160324写真(6)
そしてリビルトを終えた289エンジンが戻されました。

160324写真(7)
フライホイールなどの消耗パーツはNewパーツを組み込みます。

引き続き、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆3月25日の展示車両☆

160307

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger(Wimbledon White)

1975 Ford Bronco Ranger(Glen Green)

1977 Ford F-150

1988 Chevrolet K-5

ぜひお越しください♬♩

2016.03.21

本日は土曜日に引き続き、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトをご紹介します。

160321写真(1)
ノーザンカリフォルニア在住のN氏の元でエンジン及びトランスミッション、トランスファーケースのリビルト作業を行っている1966 Bronco “Springtime Yellow”号、エンジン搭載に向けフレーム廻りのクリーニングが行われました。

160321写真(2)
160321写真(3)
エンジンが不在の内に普段は手が届かない部分のクリーニングを行います。

160321写真(4)
地金が出るまでしっかりと汚れを落とし、最後にシャシブラックで整えます。

160321写真(5)
こういった作業を依頼するとN氏はあらゆる刻印を見つけ出します。一種の刻印マニアですね。そして見つけた刻印はそれが何を意味するのか徹底的に調べ上げるのです。

160321写真(6)
フレームにはVINコードも打刻されていました。U15Nの文字が確認出来ます。U15はワゴンボディを、Nは289エンジンを表しています。

160321写真(7)
ファイアーウォールはご覧の通りとても綺麗にオリジナルの “Springtime Yellow”ペイントが残っていました。

引き続き、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆3月22日の展示車両☆

160307

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger(Wimbledon White)

1975 Ford Bronco Ranger(Glen Green)

1977 Ford F-150

1988 Chevrolet K-5

ぜひお越しください♬♩

2016.03.19

本日は木曜日に引き続き、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトをご紹介します。

160319写真(1)
ノーザンカリフォルニア在住のN氏の監修の元、この個体オリジナルの289エンジンが組み上げられました。オリジナルパーツを極力再生し、徹底的にバランス取りされています。

160319写真(2)
チェーンやスプロケットなどの消耗パーツはすべてNewパーツが組み込まれています。

160319写真(3)
160319写真(4)
リビルトされたバルブヘッドにはくっきりと66の文字が確認出来ます。オリジナルの証です。

160319写真(5)
160319写真(5)2
こちらは289の文字が確認出来ます。エンジンブロックのデイトコードもマッチしており、このエンジンが1966年の5月に組み上げられたことが確認出来ました。

160319写真(6)
FOMOCOの文字も確認出来ます。こちらもオリジナルの証となります。

160319写真(7)
エキゾーストマニュホールド、ベルハウジング、ブロンコアダプターなど貴重なパーツはすべてオリジナル品を、アルマイト加工を施し再生しています。

160319写真(8)
ボルト1本に至るまでオリジナル品を再生しています。この辺りはN氏の真骨頂と言えるこだわりようです。

引き続き、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆3月21日の展示車両☆

160307

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger(Wimbledon White)

1975 Ford Bronco Ranger(Glen Green)

1977 Ford F-150

1988 Chevrolet K-5

ぜひお越しください♬♩

2016.03.17

本日は少し間を置いてしまいましたが、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトをご紹介します。

160317写真(1)
160317写真(2)
エンジン及びトランスミッション、トランスファーケースのリビルト作業を行うため、ノーザンカリフォルニア在住のN氏の元に持ち込まれた1966 Bronco “Springtime Yellow”です。

160317写真(3)
4月に開催される西海岸最大のフォード車の為のイベント、Fabulous Fords Foreverへの出展を目指して早速、エンジンが降ろされ分解されました。

160317写真(4)
シリンダー本体は状態は良さそうですが、念のためソニックテストを施し最善のピストンサイズを探ることにしました。このエンジンはこの個体のオリジナルエンジンで製造から既に50年の年月が経過していますので、慎重に作業を進めていくことにしたのです。

160317写真(5)
各バルブもすべてばらされそれぞれ状態をチェックし再生していきます。極力オリジナルパーツを生かす方向で作業を進めていきます。

160317写真(6)
160317写真(7)
ソニックテストの結果、ボアアップせずに現状のピストンサイズが使えることが判明しました。冷却の問題等考えるとボアアップは避けたいところでしたのでひと安心です。

引き続き、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com


Vintage 4×4 Automobile

Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com


☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆3月18日の展示車両☆

160307

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger(Wimbledon White)

1975 Ford Bronco Ranger(Glen Green)

1977 Ford F-150

1988 Chevrolet K-5

ぜひお越しください♬♩

2016.02.13

本日は木曜日に引き続き、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトをご紹介します。

150213写真(1)
150213写真(2)
今回のレストアプロジェクトでは貴重な289cid V8 エンジンのリビルトをオリジナルパーツの再生を基本に正確さを追及するため、エンジン及びトランスファーケース、トランスミッションのリビルト作業を私共のパートナーでありバハブロンコスペシャリストであるN氏へと依頼することにしました。ボルト1本までオリジナルにこだわるN氏にこそこのプロジェクトは相応しいと判断したのです。

150213写真(3)
オリジナルの ’66 キャブレターのリビルトもN氏に依頼します。

150213写真(4)
早速、トレイラーに積み込みN氏の元へと持ち込みます。何しろこの時点で4月のFab Fordsまで4ヵ月を切っていましたので、作業を急がねばなりません。

150213写真(5)
150213写真(6)
150213写真(7)
ワシントン州から南カリフォルニアへと運ばれてきた’66 ブロンコは再び北を目指します。

150213写真(8)
夜通し走りN氏の元へ持ち込みました。最近、ブロンコをトーイングする機会が多く、このラプターはトーイング専用車となってしまっています。しかし本来ラプターはトーイング向きではありません。ピークパワーはありますがディーゼルエンジンのようなトルクは望めない上に大飯食らいで燃費も良くないからです。そこで我々も遂に2017年モデルの登場を待ってSUPER DUTYを導入することになりました。

150213写真(9)
こちらが2017年モデルのブランニューSUPER DUTY F-250です。F-150同様、アルミボディが採用され大幅に軽量化された結果、更に魅力の増した感があるニューモデルですが、この巨大なグリルはいかがなものでしょうか。第一印象はかなり良くありませんが、見ているうちに心象が変化することを期待してオーダーしました。トーイングトラックとしての性能や手厚い新車の保証内容を考えると背に腹は代えられません。今秋からデリバリーが開始されるNewウェポンに期待大です。

引き続き、1966 Bronco “Springtime Yellow” のレストアプロジェクトの様子をご紹介して参ります。

※ガレージ弦巻では決算SALEを開催中です。

アーリーブロンコ専門店

Show Room Bronco Ranch

東京都世田谷区世田谷1-47-2

http://bronco-ranch.com

TEL:03-6413-1531

FAX:03-6413-1532

e-mail:inquiry@bronco-ranch.com

Vintage 4×4 Automobile


Factory Garage弦巻

東京都世田谷区弦巻3-30-7

http://garage-tsurumaki.com

TEL:03-3425-7313

FAX:03-6413-5885

e-mail:inquiry@garage-tsurumaki.com

☆Bronco Ranch&Garage弦巻では、日曜日ご来店を希望される場合完全予約制にてご対応させていただきます。ご来店をご希望される場合はお手数ですが事前にご連絡下さい。よろしくお願いいたします。


Facebookaもご覧ください!

mechanicblogこちらもぜひご覧ください!

Instagram始めました!


☆2月15日の展示車両☆

151215

1969 Ford Bronco “Patina Package”

1975 Ford Bronco Ranger

1977 Ford F-150

1988 Chevrolet K-5

1990 TOYOTA Land Cruiser FJ62V

ぜひお越しください♬♩